会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

経口補水液の強直度は、自然発生性下痢症の子牛の水分、ミネラル、酸塩基バランスに影響を与えます | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Anim Physiol Anim Nutr (Berl).2020 Jul;doi: 10.1111/jpn.13405.Epub 2020-07-04.

経口補水液の強直度は、自然発生性下痢症の子牛の水分、ミネラル、酸塩基バランスに影響を与えます

Tonicity of oral rehydration solutions affects water, mineral and acid-base balance in calves with naturally occurring diarrhoea.

  • Juliette N Wilms
  • Juanita Echeverry-Munera
  • Lauren Engelking
  • Leonel N Leal
  • Javier Martín-Tereso
PMID: 32621377 DOI: 10.1111/jpn.13405.

抄録

子牛用経口補水液(ORS)の組成、特に Na、グルコース、およびそれらの強壮効果に関する推奨事項は、ヒトのガイドラインに沿ったものではありません。そこで本研究では、ORS の強直性が水、ミネラル、酸塩基バランスに及ぼす影響を調べることを目的としました。0 日目の脱水症状の重症度と血中塩基過剰(BE)に基づいて、72 頭の子牛を選択しました。下痢を発症しなかった 5 頭の子牛は研究に組み入れた後に削除しました。子牛は、1 日目の血中濃度に基づいて 4 頭のブロックに割り付けられました。各ブロック内で、子牛は 4 つの治療法のうちの 1 つに無作為に割り付けられました。(a)低Na・低乳糖の低張性ORS(HYPO)、(b)低Na・低グルコースの等張性ORS(ISO)、(c)高Na・高グルコースの高張性ORS(HYPER)、(d)5g/Lのホエイパウダーを含む温水からなるコントロール(CON)の4つの治療法のいずれかに無作為に割り付けた。投与は 3 日間、1 日 2 回行い、子牛には 1300 時と 2100 時に 2.0L の投与を行った。子牛には 1 日目から 3 日目の 0700 時と 1630 時に 2.5L、4 日目から 5 日目に 3.0L の乳補填剤を与え、水を飲ませた。子牛は 5 日間モニターされ、摂取量、血中濃度、採血、1 日目の糞便、1 日目から 3 日目の尿の採取を含む測定が行われた。 すべての ORS 投与群で血清 Na は正常を維持していたが、CON 投与群では正常を維持していなかった。HYPER 群の子牛は、HYPO および ISO よりも血液 pH が低く、糞便中の Na 損失が大きかった。ベースラインに対する血漿の膨張率は、低張性ORS群がCON群(1.0%)と比較して4.8%と高かった。尿のオスモラリティは、HYPER の子牛で 30%高かった。この実験では、低強直性ORSの方が高強直性ORSよりも水分、ミネラル、酸塩基バランスの回復に効果的であった。

Recommendations for composition of oral rehydration solutions (ORS) for calves, particularly concerning Na , glucose, and their combined effect on tonicity, are not in line with guidelines for humans. Thus, this study aimed to determine the effect of ORS tonicity on water, mineral and acid-base balance. Seventy-two calves were selected based on the severity of dehydration and blood base excess (BE) on day 0. Five calves that did not develop diarrhoea were removed post-inclusion from the study. Calves were allocated to blocks of four animals based on blood BE on day 1. Within each block, calves were randomly assigned to one of four treatments: (a) hypotonic ORS with low Na and lactose (HYPO); (b) isotonic ORS with low Na and glucose (ISO); (c) hypertonic ORS with high Na and glucose (HYPER); and (d) control consisting of warm water including 5 g/L of whey powder (CON). Treatments were administered twice daily over a 3-day period, in which calves were offered 2.0 L of treatment at 1300 and 2100 hr. Calves were fed 2.5 L of milk replacer at 0700 and 1630 hr from day 1 to 3 and 3.0 L from day 4 to 5, and had access to water. Calves were monitored for 5 days in which measurements included intakes, BW, blood sampling and collection of faeces on day 1 and urine from day 1 to 3. All ORS treatments maintained normal serum Na , whereas CON did not. Calves in the HYPER group had lower blood pH and greater faecal Na losses than HYPO and ISO. Plasma expansion relative to baseline was higher in low tonicity ORS (+4.8%) when compared with CON (+1.0%). Urine osmolality was 30% higher in HYPER calves. In this experiment, low tonicity ORS were more effective at restoring water, mineral and acid-base balance than the hypertonic ORS.

© 2020 Trouw Nutrition. Journal of Animal Physiology and Animal Nutrition published by Blackwell Verlag GmbH.