会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

バルーン肺血管形成術におけるDynaCT血管造影再構成の応用。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Radiol.2020 Jul;10.1007/s00330-020-07028-9. doi: 10.1007/s00330-020-07028-9.Epub 2020-07-03.

バルーン肺血管形成術におけるDynaCT血管造影再構成の応用。

Application of DynaCT angiographic reconstruction in balloon pulmonary angioplasty.

  • Jie-Long Lin
  • Hai-Ming Chen
  • Feng-Cheng Lin
  • Jie-Ying Li
  • Cheng-Xin Xie
  • Wen-Liang Guo
  • Xiu-Fen Huang
  • Cheng Hong
PMID: 32621239 DOI: 10.1007/s00330-020-07028-9.

抄録

目的:

DynaCT血管造影再構築ガイダンスを用いたバルーン肺血管形成術(BPA)の実現可能性と精度を調査する。

OBJECTIVES: To investigate the feasibility and accuracy of balloon pulmonary angioplasty (BPA) using DynaCT angiographic reconstruction guidance.

方法:

175本の肺動脈を標的とした34本のBPA(23CTEPH患者)を対象とした。11例のBPA(2次元群)はDSA二次元血管造影でガイドした。さらに23例のBPA(3D群)をDynaCT血管造影再構成法を用いてガイドした。ボリュームレンダリング(VR)法を用いて血管の三次元画像を得た。この画像は、血管三次元再構成技術の指導の下でBPA治療を継続するための参考画像として使用された。また、Mann-Whitney U 検定を用いて、治療期間と放射線被曝データを両群間で比較した。

METHODS: Thirty-four BPAs (23 CTEPH patients) targeting 175 pulmonary arteries were included. Eleven BPAs (2D group) were guided by DSA two-dimensional angiography. Another twenty-three BPAs (3D group) were guided using DynaCT angiographic reconstruction. The volume rendering (VR) method was used to obtain a three-dimensional image of the blood vessels. This image was used as a reference to continue BPA treatment under the guidance of vascular three-dimensional reconstruction technology. Procedure durations and radiation exposure data were compared between the two groups using Mann-Whitney U test.

結果:

DynaCT血管造影再構成法を用いて、1回のBPA手術でより多くの標的血管を、より短い手術時間(3.58±0.61 vs 4.49±0.91"Zs_A0"h、p = 0.002)で治療した(5.83±2.33 vs 3.73±1.10血管/BPA、p = 0.008)。全体的に、線量面積積(DAP)は3D群よりも2D群の方が有意に高かった(13,901.82±5549.69 vs 4682.82±1950.64、p<0.001)。BPAをガイドするためにDynaCT血管造影再構成技術を使用することは、より低用量の造影剤(225.22±48.70 vs 292.73±76.82"Zs_A0"mL, p = 0.013)とより少ない放射線被曝を必要とした。

RESULTS: Using the DynaCT angiographic reconstruction technique, more target vessels were treated in a single BPA procedure (5.83 ± 2.33 vs 3.73 ± 1.10 vessels per BPA, p = 0.008) in a shorter operation time (3.58 ± 0.61 vs 4.49 ± 0.91 h, p = 0.002). Overall, the dose area product (DAP) was significantly higher for the 2D group than for the 3D group (13,901.82 ± 5549.69 vs 4682.82 ± 1950.64, p < 0.001). The use of the DynaCT angiographic reconstruction technique to guide BPA required a lower dose of contrast agent (225.22 ± 48.70 vs 292.73 ± 76.82 mL, p = 0.013) and less radiation exposure.

結論:

BPAを受ける患者におけるDynaCT血管造影再構築ガイダンスの使用は、実現可能であり、正確である。DynaCT血管造影再構成の画像は、放射線被曝を低減したBPAにおける手術プロセスを最適化するために有益である可能性がある。

CONCLUSIONS: The use of DynaCT angiographic reconstruction guidance in patients undergoing BPA is feasible and accurate. Images of DynaCT angiographic reconstruction may be beneficial for optimizing the operative process in BPA with reduced radiation exposure.

キーポイント:

- DynaCT血管造影再構成によるBPAガイダンスは実現可能であり,精度も高い - DynaCT血管造影再構成は手術プロセスの最適化に有益である可能性がある - DynaCT血管造影再構成はBPAセッションを何度も行うことで患者の放射線量を減らすことができる

KEY POINTS: • BPA guidance by DynaCT angiographic reconstruction is feasible and accurate. • DynaCT angiographic reconstruction may be beneficial for optimizing the operative process. • DynaCT angiographic reconstruction can reduce patient radiation dose due to multi-times of BPA sessions.