国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

攻撃を受ける公園。ブラジルのイグアス国立公園は、生物多様性に対する世界的な脅威を示しています | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ambio.2020 Jul;10.1007/s13280-020-01353-5. doi: 10.1007/s13280-020-01353-5.Epub 2020-07-03.

攻撃を受ける公園。ブラジルのイグアス国立公園は、生物多様性に対する世界的な脅威を示しています

Parks under attack: Brazil's Iguaçu National Park illustrates a global threat to biodiversity.

  • Victor Mateus Prasniewski
  • Neucir Szinwelski
  • Thadeu Sobral-Souza
  • Angela Marcia Kuczach
  • Carlos Rodrigo Brocardo
  • Carlos Frankl Sperber
  • Philip Martin Fearnside
PMID: 32621009 DOI: 10.1007/s13280-020-01353-5.

抄録

生物多様性条約で世界で最も生物多様性の高い国とされているブラジルをはじめ、世界各地で国立公園が攻撃を受けています。ブラジルは未曾有の環境危機に見舞われており、政治的にも立法府と行政府の両方で環境に悪影響を与えるような措置がとられる傾向にあります。その中でも特に報道されていないのが、イグアス国立公園を真っ二つに切断する道路の提案である。ここでは、提案された道路がもたらす環境への脅威と、周辺の人間が公園に与える圧力を明らかにします。提案されている法律はブラジルの憲法に違反しており、公園の生物多様性と関連する生態系サービスに計り知れないダメージを与えることになります。この道路は2つの市町村(郡)間の輸送コストを削減しますが、主な農産物である大豆の輸送コストは削減されません。しかし、地元住民は公園との結びつきを強め、観光、アグロフォレストリー、有機農業などの経済的な代替手段を促進することで、より良いサービスを受けることができるだろう。カミーニョ・ド・コロノ道路は、環境破壊的な活動を許すために保護地域の地位を低下させることがもたらす危険性を示している。この傾向は多くの国で発生しており、特にブラジルでは顕著である。

National parks are under attack in many parts of the world, including Brazil, which the Convention on Biodiversity ranks as the world's most biodiverse country. Brazil has been experiencing an unprecedented environmental crisis, and the political situation in the country favors approval of environmentally damaging measures by both the legislative and executive branches of government. A new and largely unreported setback is a proposal in the National Congress for a road cutting the Iguaçu National Park in two. Here, we identify environmental threats from the proposed road and pressures on the park from the surrounding human population. The proposed laws violate Brazil's constitution and would cause immeasurable damage to the park's biodiversity and associated ecosystem services. The road would reduce the cost of transport between two municipalities (counties), but not the cost of transporting soybeans, their main agricultural product. However, the local population would be better served by strengthening its ties to the park and promoting economic alternatives such as tourism, agroforestry, and organic agriculture. The Caminho do Colono road illustrates the danger posed by downgrading the status of protected areas in order to allow environmentally damaging activities. This trend is occurring in many countries and is especially evident in Brazil.