会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

胞状嚢胞症の小児の臨床検査結果および臨床所見 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Niger J Clin Pract.2020 Jul;23(7):1008-1012. NigerJClinPract_2020_23_7_1008_288880. doi: 10.4103/njcp.njcp_531_19.

胞状嚢胞症の小児の臨床検査結果および臨床所見

Laboratory results and clinical findings of children with hydatid cyst disease.

  • T Tartar
  • U Bakal
  • M Sarac
  • A Kazez
PMID: 32620733 DOI: 10.4103/njcp.njcp_531_19.

抄録

目的:

関係 Hydatid cyst(HC)は世界的に流行している寄生虫疾患である。

Objectives: The relationship hydatid cyst (HC) is a parasitic disease that is endemic worldwide.

目的:

泌尿器科疾患患者の臨床所見と検査成績を検討する。

Aims: To study the clinical findings and laboratory results of patients with hydatid disease.

材料と方法:

2000年から2017年までにHC疾患の手術を受けた総症例数(n = 78)をレトロスペクティブに評価した。患者の人口統計学的特徴、入院理由、病変の位置と大きさ、検査結果、合併症を記録した。

Materials and Methods: Total number of patients (n = 78) who underwent surgery for HC disease from 2000 to 2017 were retrospectively evaluated. The patients' demographic characteristics, reasons for admission into hospital, lesion location and size, laboratory results, and complications were recorded.

研究成果:

HCのうち、肝臓と肺にそれぞれ59%、26.9%が位置していた。多臓器関与率は10.3%であった。HC破裂例は合計16例(20.5%)であった(肝臓7例、肺7例、脾臓1例、黄体1例)。好酸球症の発症率には、嚢胞破裂のある患者とない患者の間に有意差はなかった(P = 0.9)。間接血球凝集(IHA)検査では38.9%の患者で陰性の結果が得られた;そのうち32.1%の患者ではHCが破裂していた。IHA検査陰性は破裂と有意に関連していた(P = 0.046)。破裂と嚢胞の大きさや位置の間には有意差は認められなかった。

Results: Of the HCs, 59% and 26.9% were located in the liver and lungs, respectively. The rate of multiple organ involvement was 10.3%. A total of 16 (20.5%) cases had ruptured HCs (7 livers, 7 lungs, 1 spleen, and 1 omentum). There was no significant difference in the rate of eosinophilia between patients with and without cyst rupture (P = 0.9). Indirect hemagglutination (IHA) tests yielded negative results in 38.9% of the patients; among them, 32.1% had ruptured HCs. A negative IHA test result was significantly associated with rupture (P = 0.046). No significant difference between rupture and cyst size or location was found.

結論:

HC破裂は嚢胞の大きさと相関しなかった。HC破裂例でも血清学的検査の感度や血中好酸球数は低かった。再発率は開腹手術や内科的治療で軽減できる。

Conclusions: HC rupture was not correlated with cyst size. The sensitivity of serological tests and the blood eosinophil count was low, even in cases of ruptured HCs. The recurrence rate can be reduced by open surgery and medical treatments.