会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

大豆食品の摂取は、腸内細菌叢に依存した方法でメタボロームの変化と血圧の低下に関連している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutr Metab Cardiovasc Dis.2020 May;S0939-4753(20)30155-1. doi: 10.1016/j.numecd.2020.05.001.Epub 2020-05-18.

大豆食品の摂取は、腸内細菌叢に依存した方法でメタボロームの変化と血圧の低下に関連している

Soy food intake associates with changes in the metabolome and reduced blood pressure in a gut microbiota dependent manner.

  • Rachana D Shah
  • Zheng-Zheng Tang
  • Guanhua Chen
  • Shi Huang
  • Jane F Ferguson
PMID: 32620337 DOI: 10.1016/j.numecd.2020.05.001.

抄録

背景と目的:

大豆食品の摂取は心血管疾患の予防と関連しているが、そのメカニズムは不明である。我々は、習慣的な大豆食品の消費が腸内マイクロバイオーム組成、代謝物産生、および食事、マイクロバイオータ、代謝物の相互作用と関連しているという仮説を立てた。

BACKGROUND AND AIMS: Consumption of soy foods has been associated with protection against cardiometabolic disease, but the mechanisms are incompletely understood. We hypothesized that habitual soy food consumption associates with gut microbiome composition, metabolite production, and the interaction between diet, microbiota and metabolites.

方法と結果:

我々は、健康な米国人(N=75 名の除脂肪体重または過体重、N=29 名の肥満)の 2 つの独立した横断的サンプルから、食事性大豆摂取量、血漿および便中代謝物、腸内マイクロバイオームのデータを分析した。習慣的な大豆摂取は、いくつかの循環代謝物と関連していた。血漿および便中の代謝物には、腸内腸型によって定義される腸内マイクロバイオーム組成と大豆摂取との間に有意な相互作用が認められた。大豆の摂取は収縮期血圧の低下と関連していたが、腸内細菌の腸内型によって定義される個人のサブセットにおいてのみ関連しており、大豆に対する反応性は腸内細菌の組成に依存している可能性が示唆された。大豆の摂取は、特定の微生物分類群の違いと関連していた。その中には、大豆の高摂取によって抑制されると考えられているDialister属とPrevotella属の2つの分類群が含まれていた。これらの分類群の文脈依存的な影響を確認したところ、Prevotellaの存在は血圧の上昇と心代謝プロファイルの悪化と関連していたが、Dialisterが存在しない場合にのみ関連していた。

METHODS AND RESULTS: We analyzed dietary soy intake, plasma and stool metabolites, and gut microbiome data from two independent cross-sectional samples of healthy US individuals (N = 75 lean or overweight, and N = 29 obese). Habitual soy intake associated with several circulating metabolites. There was a significant interaction between soy intake and gut microbiome composition, as defined by gut enterotype, on metabolites in plasma and stool. Soy consumption associated with reduced systolic blood pressure, but only in a subset of individuals defined by their gut microbiome enterotype, suggesting that responsiveness to soy may be dependent on microbiome composition. Soy intake was associated with differences in specific microbial taxa, including two taxa mapping to genus Dialister and Prevotella which appeared to be suppressed by high soy intake We identified context-dependent effects of these taxa, where presence of Prevotella was associated with higher blood pressure and a worse cardiometabolic profile, but only in the absence of Dialister.

結論:

腸内マイクロバイオームは、食事による大豆摂取と全身代謝の相互作用において重要な中間体である。大豆食品の消費は、特定のタクスアを抑制することでマイクロバイオームを形成する可能性があり、大豆応答性のマイクロバイオータを持つ個人においてのみ高血圧を予防する可能性がある。

CONCLUSIONS: The gut microbiome is an important intermediate in the interplay between dietary soy intake and systemic metabolism. Consumption of soy foods may shape the microbiome by suppressing specific taxa, and may protect against hypertension only in individuals with soy-responsive microbiota.

臨床試験登録:

NCT02010359 at clinicaltrials.gov.

CLINICAL TRIALS REGISTRY: NCT02010359 at clinicaltrials.gov.

Copyright © 2020 The Italian Diabetes Society, the Italian Society for the Study of Atherosclerosis, the Italian Society of Human Nutrition and the Department of Clinical Medicine and Surgery, Federico II University. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.