会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

僧帽弁手術後の大脳間セプタル切開に関連した大脳間頻拍.電気生理学的特徴とアブレーション戦略 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Heart Rhythm.2020 Jun;S1547-5271(20)30630-5. doi: 10.1016/j.hrthm.2020.06.031.Epub 2020-06-30.

僧帽弁手術後の大脳間セプタル切開に関連した大脳間頻拍.電気生理学的特徴とアブレーション戦略

Macro-reentrant Biatrial Tachycardia Relevant to Interatrial Septal Incisions after Mitral Valve Surgery: Electrophysiological Characteristics and Ablation Strategy.

  • Jinlin Zhang
  • Wei Hu
  • Anquan Zhao
  • Gang Yang
  • Qingyong Zhang
  • Xi Su
  • Minglong Chen
PMID: 32619741 DOI: 10.1016/j.hrthm.2020.06.031.

抄録

背景:

MV手術後の胸膜間中隔切開に関連した大動脈心室性頻拍(BiAT)は、これまでほとんど報告されていない。

BACKGROUND: Macroreentrant biatrial tachycardia (BiAT) relevant to interatrial septal incisions following MV surgery has been rarely reported.

目的:

我々は、この特別なカテゴリーの心房頻拍(AT)のマッピングとアブレーション戦略を評価することを目的とした。

OBJECTIVE: We aimed to assess the mapping and ablation strategy of this special category of atrial tachycardia (AT).

方法:

3施設で行われたMV手術後の合計84例の心房頻拍(AT)において10BiATを同定した。RAとLAの活性化マップは、超高密度マッピングシステムを用いて得られた。また、推測回路内の複数のLAとRAの部位から同調ペーシングを行った。

METHODS: We identified 10BiATs in a total of 84 ATs after MV surgery performed at three institutions. Activation maps both for the RA and LA were obtained with the use of an ultrahigh density mapping system. We also performed entrainment pacing from multiple LA and RA site within the speculative circuit.

結果:

両心房の活性化と伝播マップを解析することで、この回路を3つの異なるタイプに分類した。すべてのタイプにおいて、後下心房間接続は、他の心房間接続(Bachmann's bundle BB、fossa ovalis、CS ostiumの3つのタイプ)と結合してBiATの回路を完成させる重要な肢として機能していた。ほとんどのAT(8/10)は、後下方の脛骨間接続部位のRAとLAの末端を標的として末端化されていた。

RESULTS: By analyzing activation and propagation maps of both atria, we classified the circuit into three distinct types. In all types, posteroinferior interatrial connections act as a critical limb which combined with other interatrial connections (the Bachmann's bundle BB, fossa ovalis and CS ostium in three types respectively) to complete the circuit of BiATs. Most ATs (8/10) were terminated targeting the RA and LA end of posteroinferior interatrial connection sites.

結論:

超高密度マッピングにより、胸膜間中隔切開に関連している心房間頻拍(BiAT)のマクロコアントラント回路の詳細な説明が得られた。後下方の房間接続はこの回路に不可欠であり、アブレーションの優先ターゲットとすべきであった。

CONCLUSIONS: Ultrahigh density mapping provides a detailed description of the macroreentrant circuit of BiAT associated with interatrial septal incisions. Posteroinferior interatrial connections was essential for the circuit and should be the preferential target for ablation.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.