国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

血液・尿・透析液中のペプチド。腎ペプチドハンドリングの解明に向けて | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Proteomics Clin Appl.2020 Jul;:e2000029. doi: 10.1002/prca.202000029.Epub 2020-07-03.

血液・尿・透析液中のペプチド。腎ペプチドハンドリングの解明に向けて

Peptides in Blood, Urine and Dialysate: Towards Unravelling Renal Peptide Handling.

  • Tianlin He
  • Martin Pejchinovski
  • William Mullen
  • Joachim Beige
  • Harald Mischak
  • Vera Jankowski
PMID: 32618437 DOI: 10.1002/prca.202000029.

抄録

目的:

使用済み血液透析液、尿、血漿のペプチドームを調査し、腎臓でのペプチドの取り扱いについて明らかにした。

PURPOSE: We investigated the peptidomes of spent hemodialysate, urine, and plasma, to shed light on peptide handling in the kidney.

エクスペリメンタルデザイン:

慢性腎臓病の年齢と性別をマッチさせた被験者から,血漿 15 サンプル,尿 15 サンプル,使用済み血液透析液 13 サンプルを採取した.ペプチドの同定と定量は、キャピラリー電気泳動結合型質量分析法を用いて行った。

EXPERIMENTAL DESIGN: We collected 15 plasma, 15 urine and 13 spent hemodialysate samples from age and sex-matched subjects with chronic kidney disease. Peptide identification and quantification were performed with capillary electrophoresis-coupled mass spectrometry.

結果:

尿中ペプチド6278個、血漿中ペプチド1743個、使用済み血液透析液から1727個のペプチドを検出しました。これらのうち、それぞれ1580、419、352のペプチドに配列を割り当てることができた。尿と使用済み血液透析液との間にはペプチドの豊富さに強い相関があり(P = 3e-21、Rho = 0.52)、使用済み血液透析液と血漿との間には中程度に強い相関があり(P = 4.5e-5、Rho = 0.30)、尿と血漿との間には有意な相関はなく(P = 0.11、Rho = 0.094)、尿と血漿との間には有意な相関はなかった(P = 0.11、Rho = 0.094)。コラーゲンおよびフィブリノーゲンαペプチドは、3つの体液すべてに高濃度に存在する。使用済み血液透析液では、チモシン ß4 が最も豊富なペプチドの一つであり、これは推定糸球体濾過率と負の相関があることが示されている(Rho = -0.39, p値 = 3.9e-81)。

RESULTS: We detected 6278 urinary peptides, 1743 plasma peptides and 1727 peptides from spent hemodialysate. Of these, we could assign sequences to 1580, 419 and 352 peptides respectively. We found a strong correlation in peptide abundance between urine and spent hemodialysate (P = 3e-21, Rho = 0.52), a moderately strong correlation between spent hemodialysate and plasma (P = 4.5e-5, Rho = 0.30), and no significant correlation between urine and plasma (P = 0.11, Rho = 0.094). Collagen and fibrinogen alpha peptides are highly abundant in all three body fluids. In spent hemodialysate, thymosin ß4 is one of the most abundant peptides, which is shown to be negatively associated with the estimated glomerular filtration rate (Rho = -0.39, p-value = 3.9e-81).

結論と臨床的意義:

これら3つの体液中のペプチド量の相関は予想よりも低く、尿細管の再吸収が尿中のペプチド量に大きな影響を与えるという仮説を支持している。したがって、血液透析におけるチモシン ß4 のさらなる調査が必要である。この記事は著作権で保護されています。すべての権利を保有しています。

CONCLUSION AND CLINICAL RELEVANCE: The correlation of peptide abundance in these three body fluids is lower than expected, supporting the hypothesis that tubular reabsorption has a major impact on urinary peptide content. Further investigation of thymosin ß4 in hemodialysis is thus warranted. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.