会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

組織格差を介したホロケファルス(軟骨類)の歯列の進化。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Integr. Comp. Biol..2020 Jul;icaa093. doi: 10.1093/icb/icaa093.Epub 2020-07-03.

組織格差を介したホロケファルス(軟骨類)の歯列の進化。

Evolution of the dentition in holocephalans (Chondrichthyes) through tissue disparity.

  • Zerina Johanson
  • Esther Manzanares
  • Charlie Underwood
  • Brett Clark
  • Vincent Fernandez
  • Moya Smith
PMID: 32617556 DOI: 10.1093/icb/icaa093.

抄録

ホロセファリは軟骨魚類の主要なグループで、サメやエイ(Elasmobranchii)の姉妹綱である。しかし、現存するホロケファルスの歯列はエラスモウミウシのそれとは大きく異なり、個々の歯の更新はなく、すべて自己更新性の歯質でできた歯板で構成されています。この全組織の更新は、その歯牙状態の機能として、後舌側の歯板表面で行われている。ホロケファルスの化石記録からは、サメのような歯から、個々の歯が完全に欠如した歯列を持つものまで、歯列のさまざまな傾向が明らかになっています。異なる分類群では、歯は保持されていますが、連続した発達の中で融合していることがわかります。さまざまな種類の歯列は、これらの歯と複合歯板から構成されており、その組織学的特徴は、冠状歯列内の血管状の管が基底部の海綿状歯列と合流していることである。この冠状血管化歯質では、広範囲にわたる超微細化が耐摩耗性組織を形成し、様々な形態に変化しています。進化の過程で、超石灰化歯質は海綿状歯質の中に封入され、複合歯板内の特定のゾーンに縮小することによって専門化され、これらの形態学的格差の増加と、すべての定義された歯の損失を反映していますが、継承された発生パッケージからの歯質生産の保持しています。

The Holocephali is a major group of chondrichthyan fishes, the sister taxon to the sharks and rays (Elasmobranchii). However, the dentition of extant holocephalans is very different from that of the elasmobranchs, lacking individual tooth renewal, but comprising dental plates made entirely of self-renewing dentine. This renewal of all tissues occurs at the postero-lingual plate surface, as a function of their statodont condition. The fossil record of the holocephalans illuminates multiple different trends in the dentition, including shark-like teeth through to those with dentitions completely lacking individual teeth. Different taxa illustrate developmental retention of teeth but with fusion in their serial development. Dentine of different varieties comprises these teeth and composite dental plates, whose histology includes vascularized tubes within coronal dentine, merging with basal trabecular dentine. In this coronal vascularized dentine extensive hypermineralization forms a wear resistant tissue transformed into a variety of morphologies. Through evolution, hypermineralized dentine becomes enclosed within the trabecular dentine, and specialized by reduction into specific zones within a composite dental plate, with these increasing in morphological disparity, all reflecting loss of defined teeth but retention of dentine production from the inherited developmental package.

© The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press on behalf of the Society for Integrative and Comparative Biology. All rights reserved. For permissions please email: journals.permissions@oup.com.