会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

前歯部矯正治療後の歯肉後退の相関解析:軟組織と硬組織の評価。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Periodontal Implant Sci.2020 Jun;50(3):146-158. doi: 10.5051/jpis.2020.50.3.146.Epub 2020-05-28.

前歯部矯正治療後の歯肉後退の相関解析:軟組織と硬組織の評価。

Correlation analysis of gingival recession after orthodontic treatment in the anterior region: an evaluation of soft and hard tissues.

  • Jong-Bin Lee
  • Soo-Jin Baek
  • Minji Kim
  • Eun-Kyoung Pang
PMID: 32617180 PMCID: PMC7321713. DOI: 10.5051/jpis.2020.50.3.146.

抄録

目的:

本研究の目的は、歯列矯正治療を受けた患者の前方領域を検討することで、大陰唇歯肉後退に伴う歯周組織の変化の主な原因を調査・同定することであった。

Purpose: The aim of this study was to investigate and identify the main causes of periodontal tissue change associated with labial gingival recession by examining the anterior region of patients who underwent orthodontic treatment.

方法:

2010年1月から2015年12月までに歯列矯正治療を受けた45名を対象とした。歯列矯正治療前後に、同部位の3次元デジタルモデルスキャンによる切片画像とコーンビームCT画像を重ね合わせて歯周パラメータを測定した。初期陰唇歯肉厚(IGT)と初期陰唇歯槽骨厚(IBT)はセメントエナメル接合部(CEJ)から4mm下の位置で測定し、陰唇歯肉縁の変化をCEJから歯肉縁までの距離の変化と定義した。さらに,顎,歯の位置,歯の傾き,歯の回転,矯正手術の既往歴を調査し,前歯周組織の変化に影響を与える可能性のある様々な要因を明らかにした.

Methods: In total, 45 patients who had undergone orthodontic treatment from January 2010 to December 2015 were included. Before and after the orthodontic treatment, sectioned images from 3-dimensional digital model scanning and cone-beam computed tomography images in the same region were superimposed to measure periodontal parameters. The initial labial gingival thickness (IGT) and the initial labial alveolar bone thickness (IBT) were measured at 4 mm below the cementoenamel junction (CEJ), and the change of the labial gingival margin was defined as the change of the distance from the CEJ to the gingival margin. Additionally, the jaw, tooth position, tooth inclination, tooth rotation, and history of orthognathic surgery were investigated to determine the various factors that could have affected anterior periodontal tissue changes.

結果:

平均IGTは0.77±0.29mm、IBTは0.77±0.32mmであった。歯肉後退の平均値は0.14±0.57mmであった。歯の傾きは歯肉後退と有意な関係があり,歯の傾きが内側に大きくなるにつれて歯肉後退は1°あたり約0.2mm増加した.

Results: The mean IGT and IBT were 0.77±0.29 mm and 0.77±0.32 mm, respectively. The mean gingival recession was 0.14±0.57 mm. Tooth inclination had a significant association with gingival recession, and as tooth inclination increased labially, gingival recession increased by approximately 0.2 mm per 1°.

結論:

結論として、IGT、IBT、歯の位置、歯の回転、矯正手術歴は大陰唇歯肉後退に影響を与えなかった。しかし,歯の傾きは前歯の歯肉後退と有意な関連性を示した.

Conclusions: In conclusion, the IGT, IBT, tooth position, tooth rotation, and history of orthognathic surgery did not affect labial gingival recession. However, tooth inclination showed a significant association with labial gingival recession of the anterior teeth after orthodontic treatment.

Copyright © 2020. Korean Academy of Periodontology.