会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

デジタルPOIPコンセプト。歯列矯正前のインプラント埋入 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Esthet Restor Dent.2020 Jul;doi: 10.1111/jerd.12601.Epub 2020-07-01.

デジタルPOIPコンセプト。歯列矯正前のインプラント埋入

The digital POIP concept: Preorthodontic implant placement.

  • Gonzalo Blasi
  • Ignacio Blasi
  • Alvaro Blasi
  • Omar Elnabawi
  • Kevin G Murphy
  • Dina Stappert
PMID: 32613725 DOI: 10.1111/jerd.12601.

抄録

目的:

本報告の目的は、歯周病学、矯正学、インプラント埋入、補綴学を含む学際的な治療を、完全なデジタル歯科学的アプローチで行うことである。

OBJECTIVE: The aim of this report is to present an interdisciplinary treatment involving periodontics, orthodontics, dental implant placement, and prosthodontics with a fully digital dentistry approach.

臨床的考察:

左下側切歯部の無歯隆起と隣接歯の歯肉後退を呈していた。デジタル矯正セットアップと間接接着ブラケット埋入を行った後、ガイド付き骨再生術(GBR)、結合組織移植術(CTG)、歯周促進骨造成矯正術(PAOO)を併用して、矯正治療前にインプラント埋入を行った。6ヶ月で矯正治療が完全に終了し、8ヶ月でインプラントを修復しました。1年半後には、歯肉後退が大幅に減少し、インプラント周囲の軟部組織が安定し、機能的にも審美的にも良好な結果が得られた。

CLINICAL CONSIDERATIONS: The patient presented with an edentulous ridge on the area of the lower left lateral incisor as well as gingival recession on the adjacent teeth. After performing a digital orthodontic setup and indirect bonding bracket placement, a dental implant placement was carried out before orthodontic treatment in combination with guided bone regeneration (GBR), connective tissue graft (CTG) and periodontal accelerated osteogenic orthodontics (PAOO). In a 6-month period, orthodontic treatment was fully completed and the dental implant was restored at 8 months. Following one-and-a-half years, significant gingival recession reduction was accomplished and soft tissue augmentation around the dental implant appeared stable with a good functional and esthetic result.

結論:

適切な診断と綿密な計画をもってデジタルPOIPコンセプトを使用することは、治療時間の短縮と精度の向上のために非常に重要です。

CONCLUSION: The use of the digital POIP concept with a proper diagnosis and careful planning is crucial for reducing treatment time and enhancing precision.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.