会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

外傷性歯牙侵入の原因となったブルホーン損傷-超音波画像とCT画像。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Afr J Emerg Med.2020 Jun;10(2):99-102. S2211-419X(19)30162-4. doi: 10.1016/j.afjem.2019.12.002.Epub 2020-01-08.

外傷性歯牙侵入の原因となったブルホーン損傷-超音波画像とCT画像。

Bull horn injury causing traumatic tooth intrusion - ultrasound and CT imaging.

  • Rohan Bhoil
  • Manmohan Bramta
  • Rohit Bhoil
PMID: 32612917 PMCID: PMC7320206. DOI: 10.1016/j.afjem.2019.12.002.

抄録

序章:

上部歯槽骨への外傷は、歯槽骨の下にある歯槽骨への影響を受けた歯の先端変位を引き起こす可能性がある。上向きの衝撃力を受けて歯がソケットに押し込まれると、通常は歯槽骨の破砕骨折を引き起こします。歯はまた、骨の大陰唇プレートを介して変位したり、永久歯の芽に衝突する可能性があります。

Introduction: Traumatic injury to upper alveolus may result in apical displacement of the affected tooth/teeth into the underlying alveolar bone. The tooth while being driven into the socket under the upwardly directed impact force usually causes a crushing fracture of the alveolar socket bone. The tooth may also be displaced through the labial plate of bone or may even impinge upon the bud of the permanent tooth.

症例報告:

牛角損傷による歯牙侵入の1例を紹介し、超音波およびCTスキャンでの画像特徴を紹介する。

Case report: We present a case of tooth intrusion due to bull horn injury and its imaging features on ultrasound and CT scan.

議論:

6歳から12歳までの子供の歯の外傷に最もよく見られる歯は上顎前歯であり、この年齢層は歯の侵入が最もよく見られる層でもあります。歯の浸入は通常、1つの歯の要素が関与しています。一般的な病因としては、外傷、転倒、スポーツ事故、暴力、交通事故などがあります。動物による傷害による外傷性歯牙侵入はほとんど報告されておらず、人と動物が頻繁に遭遇するような農村部では、あまり発達していない地域でよく見られます。

Discussion: Most common teeth involved in dental trauma in children of 6 to 12 year age group, are the maxillary anteriors, and this age group also constitutes the most common group in whom tooth intrusion is seen. Tooth intrusion usually involves a single dental element. Common etiologic causes are injuries, falls, sports accidents, violence and traffic accidents. Traumatic intrusion due to injury by animals is rarely described and is more commonly seen in less developed areas that too in rural set-up where man-animal encounters are frequent.

結論:

このような場合には、口腔内肛門周囲図やオルソパントモグラムなどのX線などの従来の画像診断法が利用できない場合や、電離放射線の使用が懸念される場合(特に小児や妊娠中の患者)には、超音波検査は、状態の診断に役立つ非侵襲的な画像診断法であり、また、臨床情報を補完するのに役立ち、それによって基礎的な状態の理解を深めるのに役立ちます。

Conclusion: In such cases, whenever the conventional imaging modalities like the X-rays such as intra oral peri-apical views and orthopantomograms are unavailable, or where use of ionizing radiation is a grave concern (especially in children and pregnant patients), ultrasonography offers a non-invasive diagnostic imaging method which helps in diagnosis of the condition and also helps in supplementing the clinical information, thereby helping in better understanding of the underlying condition.

© 2020 African Federation for Emergency Medicine. Publishing services provided by Elsevier.