会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

軽度認知障害者における日常生活動作に影響を与える要因に関するモデルの開発-デルファイ調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Neurol.2020 Jul;20(1):264. 10.1186/s12883-020-01843-9. doi: 10.1186/s12883-020-01843-9.Epub 2020-07-01.

軽度認知障害者における日常生活動作に影響を与える要因に関するモデルの開発-デルファイ調査

Development of a model on factors affecting instrumental activities of daily living in people with mild cognitive impairment - a Delphi study.

  • Marina Bruderer-Hofstetter
  • Sietske A M Sikkes
  • Thomas Münzer
  • Karin Niedermann
PMID: 32611388 PMCID: PMC7329426. DOI: 10.1186/s12883-020-01843-9.

抄録

はじめに:

日常生活動作(IADL)の機能レベルは、その人の自律性にとって非常に重要である。軽度認知障害(MCI)者におけるIADLの性質とその限界についての明確な理解は不足している。文献では、認知機能など多くの影響因子が示唆されているが、環境因子などの人間機能の他の領域については考慮されていない。我々の目的は、関連する影響因子を示すIADL機能の包括的なモデルを開発することであった。

INTRODUCTION: The level of function of instrumental activities of daily living (IADL) is crucial for a person's autonomy. A clear understanding of the nature of IADL and its limitations in people with mild cognitive impairment (MCI) is lacking. Literature suggests numerous possible influencing factors, e.g. cognitive function, but has not considered other domains of human functioning, such as environmental factors. Our aim was to develop a comprehensive model of IADL functioning that depicts the relevant influencing factors.

方法:

我々は、国際的なIADL専門家(N=69)のサンプルを用いて、4ラウンドのオンラインデルファイ調査を実施した。最初のラウンドでは、パネリストは、IADL機能に影響を与える認知的、身体的機能的要因、環境的、個人的要因と同様に、関連する可能性のあるすべての要因について言及するように求められた。その後のラウンドでは、パネリストはこれらの因子の関連性を評価した。コンセンサスは次のように定義された。1) ある因子についてパネリスト間で70%以上の合意が得られていること、および2) 2回の連続したラウンドでの安定性であること。

METHODS: We conducted a four-round online Delphi study with a sample of international IADL experts (N = 69). In the first round, panelists were asked to mention all possible relevant cognitive and physical function factors, as well as environmental and personal factors, that influence IADL functioning. In the subsequent rounds, panelists rated the relevance of these factors. Consensus was defined as: 1) ≥70% agreement between panelists on a factor, and 2) stability over two successive rounds.

結果:

4 回のラウンドの回答率は 83~100%と高かった。第1ラウンドでは229の影響因子が挙げられ、そのうち13因子がその後のラウンドでコンセンサスを得た。これらのコンセンサス要因を用いて、IADL機能のモデルを構築した。最終的なモデルには、5つの認知機能因子(記憶、注意、実行機能、および2つの実行機能サブドメイン(問題解決/推論、組織/計画))、5つの身体機能因子(視覚機能、聴覚機能、バランス、歩行/移動機能、機能的移動機能)、2つの環境因子(社会的ネットワーク/環境、社会的ネットワーク/環境の支援)、および1つの個人的因子(教育)が含まれていた。

RESULTS: Response rates from the four rounds were high (83 to 100%). In the first round, 229 influencing factors were mentioned, whereof 13 factors reached consensus in the subsequent rounds. These consensual factors were used to build a model of IADL functioning. The final model included: five cognitive function factors (i.e. memory, attention, executive function, and two executive function subdomains -problem solving / reasoning and organization / planning); five physical function factors (i.e. seeing functions, hearing functions, balance, gait / mobility functions and functional mobility functions); two environmental factors (i.e. social network / environment and support of social network / environment); and one personal factor (i.e. education).

結論:

本研究では、MCI患者におけるIADL機能の包括的なモデルを提案している。このデルファイ調査の結果から、IADL機能は単に認知機能要因だけでなく、身体機能要因、環境要因、個人的要因の影響を受けていることが示唆された。また、第1回で述べた要因の多重性は、MCI患者におけるIADL機能の個別性を強調している。このモデルは、今後のMCI患者のIADL機能に関する研究の基礎となる可能性がある。

CONCLUSIONS: This study proposes a comprehensive model of IADL functioning in people with MCI. The results from this Delphi study suggest that IADL functioning is not merely affected by cognitive function factors, but also by physical function factors, environmental factors and personal factors. The multiplicity of factors mentioned in the first round also underlines the individuality of IADL functioning in people with MCI. This model may serve as a basis for future research in IADL functioning in people with MCI.