会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

チタン歯科インプラントにおける生物活性表面と従来の表面の比較。比較システマティックレビュー。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2020 Jun;9(7). E2047. doi: 10.3390/jcm9072047.Epub 2020-06-29.

チタン歯科インプラントにおける生物活性表面と従来の表面の比較。比較システマティックレビュー。

Bioactive Surfaces vs. Conventional Surfaces in Titanium Dental Implants: A Comparative Systematic Review.

  • Nansi López-Valverde
  • Javier Flores-Fraile
  • Juan Manuel Ramírez
  • Bruno Macedo de Sousa
  • Silvia Herrero-Hernández
  • Antonio López-Valverde
PMID: 32610687 DOI: 10.3390/jcm9072047.

抄録

動物実験および実施された数少ない臨床試験では、歯科インプラント上の生物活性表面がそのようなインプラントのオッセオインテグレーションを改善する可能性があることが示唆されています。このシステマティックレビューの目的は、生物活性表面を使用したチタン(Ti)インプラントのオッセオインテグレーションの有効性と、サンドブラスト大粒酸エッチング(SLA)などの従来の表面を使用したTiインプラントのオッセオインテグレーションの有効性を比較することでした。Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-analyses(PRISMA)声明のガイドラインを適用し、2020年4月にMEDLINE、PubMed Central、Web of Scienceデータベースで科学論文を検索した。使用されたキーワードは、「歯科用インプラント」、「生物活性表面」、「生物機能化表面」、「オッセオインテグレーション」で、質問に応じて以下のようになっていた。"生物活性歯科用インプラント表面は従来のインプラント表面と比較してオッセオインテグレーション能力が高いか?"という質問に応じて、"生物活性歯科用インプラント表面"、"生物機能化表面"、"オッセオインテグレーション"というキーワードを使用した。バイアスのリスクはコクラン共同研究ツールを用いて評価されました。128件の研究が同定されたが、そのうち包含基準を満たしたのは30件のみであった。3件の臨床試験と27件の動物実験であった。STROBE(STrengthening the Reporting of OBservational studies in Epidemiology)とARRIVE(Animal Research: Reporting of In Vivo Experiments)の平均スコアはそれぞれ15.13±2.08、17.7±1.4であった。インプラント安定性指数(ISQ)は3研究で、除去トルク試験(RTT)は1研究で、口腔内X線およびマイクロコンピュータ断層撮影による放射線評価(RE)は4研究で、せん断力(SF)は1研究で、骨とインプラントの接触(BIC)は12研究で、BICと骨面積(BA)は5研究で共同で報告された。すべての動物実験で、生物活性表面の骨-インプラント接触面は、対照インプラントと比較して、統計的有意差<0.05で良好であったと報告されています。生理活性表面については、Ti表面の機械的処理と化学的処理を併用したものが最も良い結果が得られました。生物活性表面としては,ハイドロキシアパタイト(HA)とリン酸カルシウム(Ca-Ph)が最も多く使用されていました。このシステマティックレビューの結果によると、特定のコーティング生体分子は初期のインプラント周囲骨形成に影響を与えるようであるが、特定の生物活性表面はオッセオインテグレーションにプラスの影響を与えることがわかった。歯科インプラントのオッセオインテグレーションに必要な時間を短縮するためには、この分野のさらなる詳細な研究が必要である。

Animal studies and the scarce clinical trials available that have been conducted suggest that bioactive surfaces on dental implants could improve the osseointegration of such implants. The purpose of this systematic review was to compare the effectiveness of osseointegration of titanium (Ti) dental implants using bioactive surfaces with that of Ti implants using conventional surfaces such as sandblasted large-grit acid-etched (SLA) or similar surfaces. Applying the guidelines of the Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-analyses (PRISMA) statement, the MEDLINE, PubMed Central and Web of Science databases were searched for scientific articles in April 2020. The keywords used were "dental implants", "bioactive surfaces", "biofunctionalized surfaces", and "osseointegration", according to the question: "Do bioactive dental implant surfaces have greater osseointegration capacity compared with conventional implant surfaces?" Risk of bias was assessed using the Cochrane Collaboration tool. 128 studies were identified, of which only 30 met the inclusion criteria: 3 clinical trials and 27 animal studies. The average STROBE (STrengthening the Reporting of OBservational studies in Epidemiology) and ARRIVE (Animal Research: Reporting of In Vivo Experiments) scores were 15.13 ± 2.08 and 17.7±1.4, respectively. Implant stability quotient (ISQ) was reported in 3 studies; removal torque test (RTT)-in 1 study; intraoral periapical X-ray and microcomputed tomography radiological evaluation (RE)-in 4 studies; shear force (SF)-in 1 study; bone-to-implant contact (BIC)-in 12 studies; and BIC and bone area (BA) jointly-in 5 studies. All animal studies reported better bone-to-implant contact surface for bioactive surfaces as compared to control implants with a statistical significance of < 0.05. Regarding the bioactive surfaces investigated, the best results were yielded by the one where mechanical and chemical treatment methods of the Ti surfaces were combined. Hydroxyapatite (HA) and calcium-phosphate (Ca-Ph) were the most frequently used bioactive surfaces. According to the results of this systematic review, certain bioactive surfaces have a positive effect on osseointegration, although certain coating biomolecules seem to influence early peri-implant bone formation. Further and more in-depth research in this field is required to reduce the time needed for osseointegration of dental implants.