会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

母体の希望による帝王切開。患者の特徴、妊娠経過、ガイドラインの概要に関するイタリアの比較研究。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 Jun;17(13). E4665. doi: 10.3390/ijerph17134665.Epub 2020-06-29.

母体の希望による帝王切開。患者の特徴、妊娠経過、ガイドラインの概要に関するイタリアの比較研究。

Caesarean Section on Maternal Request: An Italian Comparative Study on Patients' Characteristics, Pregnancy Outcomes and Guidelines Overview.

  • Luisa Masciullo
  • Luciano Petruzziello
  • Giuseppina Perrone
  • Francesco Pecorini
  • Caterina Remiddi
  • Paola Galoppi
  • Roberto Brunelli
PMID: 32610490 DOI: 10.3390/ijerph17134665.

抄録

近年、世界的に帝王切開率が上昇している。それに伴い、この傾向を理解し、効果的に対策を講じるための努力が世界中で行われている。帝王切開(CS)の選択にはいくつかの要因があり、特に産科医の信念、態度、臨床実践が寄与していることが明らかにされている。しかし、そのメカニズムを理解し、影響因子を探り、母体希望帝王切開(CSMR)に関連するリスクを明確に定義するための研究は比較的少ない。本比較研究は、イタリア人女性における逆子提示に対するCSMRとCSの関連リスクを比較するとともに、CSMRの選択に影響を与える要因を明らかにするために実施された。2015年から2018年にかけて,合計2348人の女性が帝王切開で出産したが,そのうち8.60%(202人)の女性がCSMRを選択した.我々は、高い教育到達度、生殖補助技術の使用、過去の手術分娩、産科歴内の流産が、統計学的に有意な方法でCSMRの選択と正の相関があることを発見した。この傾向は、患者の特徴、産科合併症、妊娠年齢に基づいて層別化した場合には確認されなかった。最後に、CSMRを受けた患者では大きな合併症は認められなかった。患者をケースバイケースで評価することが重要であると考えている。患者さんに最高の科学的準備だけでなく、人間的な理解を保証するためには、個人的な経験を理解し、その分野で利用可能な知識を説明し、リスクとベネフィットを十分に理解した上で医療行為を行うことが不可欠です。

In recent years, the rate of caesarean sections has risen all over the world. Accordingly, efforts are being made worldwide to understand this trend and to counteract it effectively. Several factors have been identified as contributing to the selection of caesarean section (CS), especially an obstetricians' beliefs, attitudes and clinical practices. However, relatively few studies have been conducted to understand the mechanisms involved, to explore influencing factors and to clearly define the risks associated with the caesarean section on maternal request (CSMR). This comparative study was conducted to elucidate the factors influencing the choice of CSMR, as well as to compare the associated risks of CSMR to CS for breech presentation among Italian women. From 2015 to 2018, a total of 2348 women gave birth by caesarean section, of which 8.60% (202 women) chose a CSMR. We found that high educational attainment, use of assisted reproductive technology, previous operative deliveries and miscarriages within the obstetric history could be positively correlated with the choice of CSMR in a statistically significant way. This trend was not confirmed when the population was stratified based on patients' characteristics, obstetric complications and gestational age. Finally, no major complications were found in patients that underwent CSMR. We believe that it is essential to evaluate patients on a case-by-case basis. It is essential to understand the personal experience, to explain the knowledge available on the subject and to ensure a full understanding of the risks and benefits of the medical practice to guarantee the patients not only their best scientific preparation but also human understanding.