会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カフェインを含む、適応性の高い飲み物は、精神的パフォーマンスと認知パラメーターに対するカフェインの効果を変調させる。二重盲検、プラセボ対照、無作為化試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutrients.2020 Jun;12(7). E1922. doi: 10.3390/nu12071922.Epub 2020-06-29.

カフェインを含む、適応性の高い飲み物は、精神的パフォーマンスと認知パラメーターに対するカフェインの効果を変調させる。二重盲検、プラセボ対照、無作為化試験

Caffeine-Containing, Adaptogenic-Rich Drink Modulates the Effects of Caffeine on Mental Performance and Cognitive Parameters: A Double-Blinded, Placebo-Controlled, Randomized Trial.

  • Ali Boolani
  • Daniel T Fuller
  • Sumona Mondal
  • Tyler Wilkinson
  • Costel C Darie
  • Eric Gumpricht
PMID: 32610481 DOI: 10.3390/nu12071922.

抄録

プラセボ対照、二重盲検、被験者内、無作為化、クロスオーバーデザインを用いて、a.の神経認知効果を検討した。(a)カフェイン含有、適応作用のあるハーブを豊富に含むナチュラルエネルギーショット(e+ショット)、(b)カフェイン含有ショット(カフェイン)、および(c)プラセボの神経認知効果を検討した。参加者(=30人)は、エネルギーの上昇感情を伴わないカフェインの低消費者であった。飲料消費の前と3回後に、27分間のバッテリーを使用して、認知タスク、気分、注意力((3(SS3)と7(SS7)の連続減算、連続パフォーマンスタスク(CPT)、および急速視覚入力処理タスク))、心拍数(HR)、血圧(BP)、および運動協調性(9穴ペグテスト)を実行するためのモチベーションを評価し、各消費後のバッテリーの間に10分間の休憩を入れた。この手順は、研究者と被験者を盲検化した無作為群割り付けを用いて、各参加者の各飲料について、少なくとも48時間間隔で、30分以内の同じ時間帯に繰り返した。アウトカムの変化を評価するために、前夜の睡眠時間を制御した共分散分析(Treatment × Time analysis)を用いた。すべての転帰とすべての治療比較の分析は、プラセボと比較して、e+ショット( Δ¯ = 2.60;η = 0.098)とカフェイン( Δ¯ = 5.30、η = 0.098)の両方が、消費後30分後に収縮期BPを増加させたことを示しました(依然として正常な健康範囲内)。また、カフェイン飲料は、ほとんどの認知指標と気分の30分後の改善をもたらし、69分と108分で改善が漸減しましたが、e+ショットは、69分と108分でほとんどの認知指標と気分の指標で飲料間に有意差はなく、より安定した改善が見られました。しかし、カフェインと比較すると、e+ショットでは108分後の反応時間の有意な増加が認められたのに対し、カフェインではその反対方向にわずかな変化が認められた。どの介入でも副作用は報告されなかった。これらの結果は、e+ショットに含まれる特定のアダプトゲンのブレンドが、カフェインの気分や認知に対する神経認知効果を変調させる可能性を示唆している。

Using a placebo-controlled, double-blinded, within-participants, randomized, cross-over design, we examined the neurocognitive effects of a: (a) caffeine-containing, adaptogenic herbal-rich natural energy shot (e+ shot), (b) a matched caffeine-containing shot (caffeine), and, (c) a placebo. Participants ( = 30) were low consumers of caffeine without elevated feelings of energy. Before and three times after beverage consumption, a 27-min battery was used to assess motivation to perform cognitive tasks, mood, attention ((serial subtractions of 3 (SS3) and 7 (SS7), the continuous performance task (CPT), and the rapid visual input processing tasks)), heart rate (HR), blood pressure (BP), and motor coordination (nine-hole peg test) with a 10-min break between each post-consumption battery. The procedure was repeated for each beverage for each participant at least 48 h apart and within 30 min the same time of day using a random group assignment with blinding of researchers and subjects. To evaluate for changes in outcomes, a Treatment × Time analysis of covariance controlling for hours of prior night's sleep was used. Analysis of all outcomes and all treatment comparisons indicated that compared to placebo, both e+ shot ( Δ ¯   = 2.60; η = 0.098) and caffeine ( Δ ¯   = 5.30, η = 0.098) increased systolic BP 30 min post consumption (still within normal healthy ranges). The caffeine beverage also led to an improvement in most cognitive measures and moods 30-min post-consumption with improvements tapering at 69 and 108 min, while e+ shot noted more steady improvements with no significant differences between beverages on most cognitive and mood measures at 69 and 108 min. However, compared to caffeine, e+ shot noted a significant increase in reaction time at 108 min, while caffeine noted a small change in the opposite direction. No side-effects were reported by any intervention. These results suggest that the specific blend of adaptogens in e+ shot may modulate the neurocognitive effects of caffeine on mood, and cognition.