会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

7400g子宮の腹腔鏡下子宮全摘術 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Minim Invasive Gynecol.2020 Jun;S1553-4650(20)30320-4. doi: 10.1016/j.jmig.2020.06.019.Epub 2020-06-28.

7400g子宮の腹腔鏡下子宮全摘術

Total Laparoscopic Hysterectomy of the 7400g Uterus.

  • Megan Cesta
  • Bridget Kennedy
  • Resad Pasic
PMID: 32610076 DOI: 10.1016/j.jmig.2020.06.019.

抄録

研究目的:

重症子宮肥大に対する腹腔鏡下子宮全摘術の技術向上と安全対策を示す。

STUDY OBJECTIVE: To demonstrate improved techniques and safety measures for total laparoscopic hysterectomy for the severely enlarged uterus.

デザイン:

7.4kg子宮全摘出術のための腹腔鏡下子宮全摘出術のための様々な手技の改良された可視化、止血、操作を実演した手術の技術映像

DESIGN: Technical video of the surgery which demonstrates various techniques for improved visualization, hemostasis and manipulation for total laparoscopic hysterectomy for 7.4kg uterus.

設定:

症例:44歳のG0は重度の子宮筋腫拡大、クラスIIIの肥満、体格指数40.4kg/m、高血圧を呈し、低侵襲的な子宮摘出術を希望していた。MRIでは子宮は26×26×17cmで複数の子宮筋腫が認められた。この患者は低侵襲手術について詳しくカウンセリングを受けた。腹腔鏡下子宮全摘出術、両側サルピンゲクトミー、右卵巣摘出術、膀胱鏡検査を受けた。総手術時間は4時間12分、推定出血量は700ccであった。術前ヘモグロビンは13.3g/dL、術後ヘモグロビンは11.3g/dLであった。臍帯ポートの延長線上に4cmのミニ開腹切開を行い、ExCITE法を用いてメスモルセレーションで検体を採取した。術後1日目に退院し、合併症もなく回復した。

SETTING: Academic tertiary care hospital, University of Louisville Hospital, Louisville, Kentucky INTERVENTION: A 44yo G0 presented with severely enlarged fibroid uterus, class III obesity with a body mass index of 40.4 kg/m and hypertension seeking minimally invasive hysterectomy. MRI demonstrated a uterus measuring 26 × 26 × 17cm with multiple fibroids. The patient was counseled in detail regarding minimally invasive surgery. She underwent total laparoscopic hysterectomy, bilateral salpingectomy, right oophorectomy and cystoscopy. Total operative time was 4 hours 12 minutes and estimated blood loss was 700cc. Pre and post-operative hemoglobin was 13.3 g/dL and 11.3 g/dL, respectively. A 4cm mini laparotomy incision was created as an extension of the umbilical port and the specimen was extracted via scalpel morcellation using ExCITE technique. The patient was discharged home on post-operative day one and recovered without any complications.

結論:

腹腔鏡下子宮摘出術は、開腹手術と比較して合併症の発生率が低いため、大子宮に対する腹腔鏡下子宮摘出術の成績が向上している[1,2]。また、コスト分析では、子宮筋腫に対する腹腔鏡下子宮摘出術の優位性が示されており、稀に発生するレイオミソーマの発生率を考慮すると、腹腔鏡下子宮摘出術の優位性が示されています[3]。我々のビデオでは、高セファラドカメラとアシスタントポートの使用、寛大な伝統的なバイポーラ乾燥、臍ポート正中列の吸引灌流器を用いた鈍性収縮、手術ベッドの回転を通じた止血と可視化技術の向上を実証している。我々はまた、詳細なメスモルセレーション技術を説明します。これまでのところ、これは文献に報告されている腹腔鏡下での最大の子宮サイズの摘出であると考えています。経験豊富な外科医の手にかかれば、実証された手技で、非常に肥大した子宮の子宮摘出術に対する腹腔鏡的アプローチは安全であり、実現可能である。

CONCLUSION: There is an increasing trend in performance of laparoscopic hysterectomy for large uteri which has a lower incidence of overall complications compared to laparotomy [1,2]. Additionally, cost analysis has demonstrated superiority of laparoscopic hysterectomy for myomatous uterus accounting for the rare incidence of leiomyosarcoma [3]. Our video demonstrates improved hemostasis and visualization techniques through the use of high cephalad camera and assistant ports, generous traditional bipolar desiccation, blunt retraction with suction irrigator in midline umbilical port and surgical bed rotation. We also describe in detail scalpel morcellation technique. To date we believe this is the largest uterine size removed laparoscopically reported in the literature. In the hands of an experienced surgeon and with the demonstrated techniques, laparoscopic approach to hysterectomy of very enlarged uterus is safe and feasible.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.