会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

マイクロチャネル内での回折ベースの音響操作は、粒子やバクテリアの連続的な集束を可能にします | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lab Chip.2020 Jul;doi: 10.1039/d0lc00397b.Epub 2020-07-01.

マイクロチャネル内での回折ベースの音響操作は、粒子やバクテリアの連続的な集束を可能にします

Diffraction-based acoustic manipulation in microchannels enables continuous particle and bacteria focusing.

  • Citsabehsan Devendran
  • Kyungyong Choi
  • Jongyoon Han
  • Ye Ai
  • Adrian Neild
  • David J Collins
PMID: 32608464 DOI: 10.1039/d0lc00397b.

抄録

音響場はマイクロマニピュレーションに広く利用されていますが、マイクロ流体デバイスへの実装には、しばしば正確な位置合わせや、典型的な定在表面弾性波(SSAW)デバイスや共振チャネルを含む高精度なチャネル寸法が必要となります。本研究では、表面弾性波(SAW)トランスデューサをマイクロチャンネルで束ねることにより、時間平均した空間的に変化する音圧ランドスケープが生成される現象である回折音響学に基づいて、連続的なマイクロスケール集束を可能にするアプローチを検討しています。この音場は回折効果により、単一の進行波のみで形成されます。この音場は、伝播する基板結合波とチャネル形状の相互作用によって決定されるため、SAW基板上での並進に関係なく、チャネルの向きが決まっていれば圧力分布は同じになります。さらに、回折フリンジパターンの間隔のオーダーの寸法を持つチャネルの場合、音響放射力が浮遊粒子をチャネルの端に押し付けることで、集束位置の数はすべてのチャネルの向きで同じになります。我々は、ストリーミングと音響放射支配的な濃度位置の2つの異なるセットを決定し、この非常に堅牢な粒子操作技術を探求し、ポリスチレン1μmと0.5μmの直径の粒子と蛍光標識された大腸菌細胞の連続的な集束を示していますミクロンおよびサブミクロンサイズの粒子のための以前のマイクロ流体実装のそれらを超える流量で。

Acoustic fields have shown wide utility for micromanipulation, though their implementation in microfluidic devices often requires accurate alignment or highly precise channel dimensions, including in typical standing surface acoustic wave (SSAW) devices and resonant channels. In this work we investigate an approach that permits continuous microscale focusing based on diffractive acoustics, a phenomenon where a time-averaged spatially varying acoustic pressure landscape is produced by bounding a surface acoustic wave (SAW) transducer with a microchannel. By virtue of diffractive effects, this acoustic field is formed with the application of only a single travelling wave. As the field is dictated by the interplay between a propagating substrate-bound wave and a channel geometry, the pressure distribution will be identical for a given channel orientation regardless of its translation on a SAW substrate, and where small variations in channel size have no substantive effect on the pressure field magnitude or overall particle migration. Moreover, in the case of a channel with dimensions on the order of the diffractive fringe pattern spacing, the number of focusing positions will be identical for all channel orientations, with acoustic radiation forces pushing suspended particles to the channel edges. We explore this highly robust particle manipulation technique, determining two distinct sets of streaming and acoustic radiation dominant concentration positions, and show the continuous focusing of polystyrene 1 μm and 0.5 μm diameter particles and fluorescently labeled E. coli bacteria cells at flow rates exceeding those of previous microfluidic implementations for micron and submicron sized particles.