会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

オピオイド過量投与時のナロキソン投与を容易にするためのスマートフォンアプリの受容性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JAMIA Open.2020 Apr;3(1):44-52. ooz068. doi: 10.1093/jamiaopen/ooz068.Epub 2019-12-04.

オピオイド過量投与時のナロキソン投与を容易にするためのスマートフォンアプリの受容性

Acceptability of smartphone applications for facilitating layperson naloxone administration during opioid overdoses.

  • Gabriela Marcu
  • Roy Aizen
  • Alexis M Roth
  • Stephen Lankenau
  • David G Schwartz
PMID: 32607487 PMCID: PMC7309252. DOI: 10.1093/jamiaopen/ooz068.

抄録

目的:

オピオイドの過剰摂取時にナロキソンの投与を調整するためのスマートフォンアプリケーションのユーザー要件を調査した。

Objective: We investigated user requirements for a smartphone application to coordinate layperson administration of naloxone during an opioid overdose.

材料と方法:

国内で最も高い過剰摂取率を誇るペンシルバニア州フィラデルフィアのケンジントン地区で、19人の非医療用オピオイド使用者とその他のコミュニティメンバーにインタビューとフォーカスグループを実施した。データはテーマ別分析を用いて分析された。

Materials and Methods: We conducted interviews and focus groups with 19 nonmedical opioid users and other community members in the Kensington neighborhood of Philadelphia, Pennsylvania, which has one of the highest overdose rates in the country. Data were analyzed using thematic analysis.

結果:

自身の社会的グループ内、特に医療以外のオピオイド使用者や近隣住民の中に高いレベルの信頼と信頼があることがわかった。参加者は、思いやりがなく偏見を持っていると思われる専門家を含む部外者を不信に思っていました。参加者は、被害者が意識を失っているときの盗難など、位置情報ベースのアプリケーションの悪質な使用に懸念を示しましたが、全体的にはリスクを上回るメリットがあると感じています。参加者はまた、バイスタンダー訓練やナロキソン配布などのサービスを提供している地域密着型の組織を信頼しており、スマートフォンアプリはこれらのサービスに統合されるべきだと感じています。

Results: We found high levels of trust and reliance within one's own social group, especially nonmedical opioid users and members of the neighborhood. Participants distrusted outsiders, including professional responders, whom they perceived as uncaring and prejudiced. Participants expressed some concern over malicious use of a location-based application, such as theft when a victim is unconscious, but overall felt the benefits could outweigh the risks. Participants also trusted community-based organizations providing services such as bystander training and naloxone distribution, and felt that a smartphone application should be integrated into these services.

議論:

オピオイドの使用と過剰摂取の影響を受けている人たちは、スマートフォンアプリのコンセプトに肯定的な反応を示し、近隣でのオピオイドの過剰摂取による死亡率の高さに対抗するのに役立つツールであると感じました。自分の経験を共有している他の人たちとの一体感を利用して、傍観者と過剰摂取の被害者を結びつけることができるかもしれないが、素人が対応する場合はリスクを軽減しなければならない。

Discussion: Individuals affected by opioid use and overdose reacted positively to the concept for a smartphone application, which they perceived as a useful tool that could help combat the high rate of opioid overdose fatalities in their neighborhood. A sense of unity with others who have shared their experiences could be leveraged to connect willing bystanders with victims of overdose, but risk must be mitigated for layperson responders.

結論:

参加者の過量投与の経験に基づいて、一般人の対応を容易にするためのスマートフォンアプリケーションの設計における信頼に基づいた検討は、実際の過量投与の状況での採用と使用にとって重要である。

Conclusion: Based on participant experiences with overdoses, trust-based considerations for the design of smartphone applications to facilitate layperson response will be critical for their adoption and use in real overdose situations.

© The Author(s) 2019. Published by Oxford University Press on behalf of the American Medical Informatics Association.