会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

lncRNA MT1JP の過剰発現は、miR-24-3p を調節することにより、肝細胞癌細胞のアポトーシスと遊走を促進することが明らかになった | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cancer Manag Res.2020;12:4715-4724. 249582. doi: 10.2147/CMAR.S249582.Epub 2020-06-18.

lncRNA MT1JP の過剰発現は、miR-24-3p を調節することにより、肝細胞癌細胞のアポトーシスと遊走を促進することが明らかになった

Overexpression of lncRNA MT1JP Mediates Apoptosis and Migration of Hepatocellular Carcinoma Cells by Regulating miR-24-3p.

  • Qiu-Li Shan
  • Ning-Ning Chen
  • Gui-Zhi Meng
  • Fan Qu
PMID: 32606962 PMCID: PMC7308148. DOI: 10.2147/CMAR.S249582.

抄録

目的:

本研究の目的は、肝細胞癌細胞のアポトーシスおよび遊走に対するロングノンコーディング(lnc)RNA MT1JPの効果を調べることである。

Objective: This study aimed to determine the effects of the long non-coding (lnc) RNA MT1JP on the apoptosis and migration of hepatocellular carcinoma cells.

患者さんと方法:

遼城第二人民病院に入院した肝癌患者を本研究の対象とした。肝細胞癌細胞にMT1JPとmiR-24-3pをトランスフェクションし、それらの発現とアポトーシスおよび遊走への影響を評価した。相関関係は、デュアルルシフェラーゼレポーターとRNA結合タンパク質共沈法を用いて検証した。

Patients and Methods: Patients with liver cancer admitted to the Second People's Hospital of Liaocheng were included in this study. We transfected hepatocellular carcinoma cells with MT1JP and miR-24-3p and assessed their expression and effects on apoptosis and migration. Correlations were verified using a dual-luciferase reporter and RNA-binding protein coimmunoprecipitation.

結果:

MT1JPの発現はダウンレギュレーションされていたが(P < 0.05)、肝癌ではmiR-24-3pの発現はアップレギュレーションされていた。血清中MT1JPレベルは、腫瘍の大きさ、α-フェトプロテイン(AFP)、TNM病期、分化、リンパ節転移と相関していた。MT1JPの過剰発現とmiR-24-3pの阻害はいずれも細胞の増殖と遊走を抑制し、アポトーシス率を増加させた。また、細胞移動関連タンパク質であるマトリックスメタロプロテアーゼ-2, -9(MMP-2, MMP-9)の発現を有意に低下させた(P < 0.05)。また、アポトーシスに関与するBcl-2関連Xタンパク質(Bax)とシステイニルアスパラギン酸特異的プロテイナーゼ(Caspase-3と-9)の発現を上昇させた。これらはB細胞リンパ腫/白血病2(Bcl-2; P < 0.05)の発現を低下させた。MT1JPとmiR-24-3pの標的関係は、デュアルルシフェラーゼ遺伝子レポーターアッセイとRNA結合タンパク質共沈法を用いて同定された。MT1JPの過剰発現はmiR-24-3pの発現を有意に低下させた(P < 0.05)。MT1JPとmiR-24-3p発現は肝臓癌組織において負の相関を示した(r = -0.561, P < 0.001; Pearson χ検定)。また、肝細胞癌細胞において、miR-24-3pの発現をアップレギュレーションすることで、MT1JPの過剰発現を抑制することが可能であることが示された。

Results: The expression of MT1JP was downregulated (P < 0.05), whereas that of miR-24-3p was upregulated in liver cancer. Serum MT1JP levels were correlated with tumor size, alpha-fetoprotein (AFP), TNM stage, differentiation, and lymph node metastasis. Both MT1JP overexpression and miR-24-3p inhibition inhibited cellular proliferation and migration and increased apoptosis rates. They significantly downregulated expression of the cell migration-associated proteins matrix metalloproteinase -2, -9 (MMP-2, MMP-9) (P < 0.05). They upregulated the expression of Bcl-2-related X protein (Bax) and cysteinyl aspartate-specific proteinases (Caspase-3 and -9) proteins that are involved in apoptosis. They decreased expression of B-cell lymphoma/leukemia-2 (Bcl-2; P < 0.05). A target relationship between MT1JP and miR-24-3p was identified using dual-luciferase gene reporter assays and RNA-binding protein coimmunoprecipitations. MT1JP overexpression significantly downregulated miR-24-3p expression (P < 0.05). MT1JP and miR-24-3p expression were negatively correlated in liver cancer tissues (r = -0.561, P < 0.001; Pearson χ tests). Rescue experiments showed that upregulating miR-24-3p expression could counteract MT1JP overexpression in hepatocellular carcinoma cells.

結論:

MT1JPは低発現であってもmiR-24-3pを制御することで肝癌細胞の増殖、アポトーシス、遊走に関与している。

Conclusion: MT1JP, even when expressed at low levels, participates in the proliferation, apoptosis, and migration of liver cancer cells by regulating miR-24-3p.

© 2020 Shan et al.