国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

吸入治療レベルの変化と慢性閉塞性肺疾患の増悪との関係.全国の健康保険評価サービスデータベース | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis.2020;15:1367-1375. 248616. doi: 10.2147/COPD.S248616.Epub 2020-06-12.

吸入治療レベルの変化と慢性閉塞性肺疾患の増悪との関係.全国の健康保険評価サービスデータベース

Relationship Between Changes in Inhalation Treatment Level and Exacerbation of Chronic Obstructive Pulmonary Disease: Nationwide the Health Insurance and Assessment Service Database.

  • Yong Suk Jo
  • Kwang Ha Yoo
  • Yong Bum Park
  • Chin Kook Rhee
  • Ki Suck Jung
  • Seung Hun Jang
  • Ji Young Park
  • Youlim Kim
  • Bo Yeon Kim
  • Sang In Ahn
  • Yon U Jo
  • Yong Il Hwang
PMID: 32606646 PMCID: PMC7297330. DOI: 10.2147/COPD.S248616.

抄録

背景と目的:

慢性閉塞性肺疾患(COPD)ケアの適切性を維持するためには,適切なレベルのケアを維持することが不可欠である.COPD の質管理の現状と吸入器の変更が疾患関連のヘルスケア利用に及ぼす影響を評価することを目的とした。

Background and Objective: Maintaining adequacy in chronic obstructive pulmonary disease (COPD) care is essential to sustain an adequate level of care. We aimed to assess the current status of COPD quality control and the influence of inhaler changes on disease-related health care utilization.

方法:

2014年5月から2017年4月までの韓国の全医療機関の保険償還請求を対象とした健康保険審査評価サービス(HIRA)の全国データベースを調査した。COPDケアの質は、スピロメトリーの成績率、持続的な通院患者の割合、気管支拡張薬を処方された患者の割合で評価した。重度の増悪数を評価した。

Methods: The Health Insurance Review and Assessment Service (HIRA) nationwide database for reimbursed insurance claims from all medical institutions in South Korea from May 2014 to April 2017 was investigated. COPD care quality was assessed by the performance rate of spirometry, the percentage of persistent visit patients and patients prescribed a bronchodilator. The number of severe exacerbations was evaluated.

結果:

合計 68,942 人の COPD 患者が,3 年間の縦断的解析のために含まれていた.全体のスピロメトリー施行率は 50%強、定期フォローアップ患者の割合は 85%以上、気管支拡張薬が 80%以上の患者に処方されていた。COPD関連の入院またはER受診率は、3回の評価でそれぞれ16.6%、15.3%、17.8%であった。1回目の評価と2回目の評価の間に吸入器の変化が分析された。57.1%が維持され、0.4%が他のクラスに変更され、9%がエスカレーションされ、5.2%が脱エスカレーションされた。エスカレートされた群でのみ、特に単吸入器から二重吸入器、二重吸入器から三重吸入器に変更された群では、入院またはER受診が少なかった。

Results: A total of 68,942 COPD patients were included for 3 years of longitudinal analyses. The overall spirometry enforcement rate was just over 50%, the percentage of regular follow-up patients was over 85%, and bronchodilators were prescribed to over 80% of the patients. COPD-related hospitalization or ER visit rates were 16.6%, 15.3%, and 17.8% for three consequent assessments, respectively. Inhaler changes were analyzed between the first and second assessments: 57.1% were maintained, 0.4% were changed to another class, 9% were escalated, and 5.2% were de-escalated. Only in the escalated group, especially those who changed from the mono to dual inhaler and dual to triple inhaler, had fewer hospitalizations or ER visits.

結論:

COPDのケア状況の適切性は、スピロメトリーの施行率の低さを考えるとそれほど高くはなかったが、ほとんどの患者が気管支拡張薬を処方され、定期的にフォローアップを受けていた。吸入器治療をエスカレートした患者では、ヘルスケア利用率が低かった。

Conclusion: Adequacy of COPD care status was not that high considering the low-enforcement rate of spirometry, but most patients were prescribed a bronchodilator and regularly followed up. Those who escalated inhaler treatment experienced less health care utilization.

© 2020 Jo et al.