会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

外傷後の顎関節症に対する関節尖頭術とラビングの有効性を検討した。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Korean Assoc Oral Maxillofac Surg.2020 Jun;46(3):174-182. jkaoms.2020.46.3.174. doi: 10.5125/jkaoms.2020.46.3.174.

外傷後の顎関節症に対する関節尖頭術とラビングの有効性を検討した。

Efficacy of arthrocentesis and lavage for treatment of post-traumatic arthritis in temporomandibular joints.

  • Joo-Young Park
  • Jong-Ho Lee
PMID: 32606278 DOI: 10.5125/jkaoms.2020.46.3.174.

抄録

目的:

関節損傷はしばしば進行性の関節変性を引き起こし、関節円板の異常、関節炎、変形性関節症を引き起こす。外傷後に生じるこのような関節症は、外傷後関節炎(PTA)と定義される。PTAは膝関節や肘関節ではよく知られていますが、顎関節(TMJ)のPTAは明確に定義されていません。興味深いことに、顎を直接骨折していない頭頸部外傷を受けた患者に顎関節症の症状が見られるが、確定診断や治療法はまだ確立されていない。本研究では、顎関節におけるPTAの臨床的側面と、関節穿刺とラビング後の治療成績を分析する。

Objectives: Joint injuries frequently lead to progressive joint degeneration that causes articular disc derangement, joint inflammation, and osteoarthritis. Such arthropathies that arise after trauma are defined as post-traumatic arthritis (PTA). Although PTA is well recognized in knee and elbow joints, PTA in the temporomandibular joint (TMJ) has not been clearly defined. Interestingly, patients experiencing head and neck trauma without direct jaw fracture have displayed TMJ disease symptoms; however, definitive diagnosis and treatment options are not available. This study will analyze clinical aspects of PTA in TMJ and their treatment outcomes after joint arthrocentesis and lavage.

材料と方法:

頭頸部外傷の既往歴があり、特に顎骨骨折を伴わない20名の患者を対象にレトロスペクティブな研究を行った。これらの患者は顎関節症の症状を呈しており、コンピュータ断層撮影や磁気共鳴画像検査で診断された。顎関節の不快感を軽減するために,保存的治療の有無にかかわらず関節穿刺とラビングを行い,その有効性を開口量と疼痛尺度で評価した.治療前と治療後の値の統計的差異はWilcoxon符号付き順位検定で評価した。

Materials and Methods: Twenty patients with history of trauma to the head and neck especially without jaw fracture were retrospectively studied. Those patients developed TMJ disease symptoms and were diagnosed by computed tomography or magnetic resonance imaging. To decrease TMJ discomfort, arthrocentesis and lavage with or without conservative therapy were applied, and efficacy was evaluated by amount of mouth opening and pain scale. Statistical differences between pre- and post-treatment values were evaluated by Wilcoxon signed-rank test.

研究結果:

患者の年齢は20~80歳と幅広く、外傷の原因は多様であった。発症期間は外傷後508日であり、85%の患者が外傷後2年以内に受診していた。また、85%の患者では、顎関節の椎間板は縮小することなく、変形性関節症が40%の患者で外傷側または両側に認められた。関節穿刺またはラビング後、最大口角は有意に増加し(平均28~44mm、<0.001)、疼痛尺度は劇的に減少した(10人中7.8~3.5人、<0.001)が、保存療法を併用しても治療成績に差は認められなかった。

Results: Patient age varied widely between 20 and 80 years, and causes of trauma were diverse. Duration of disease onset was measured as 508 posttrauma days, and 85% of the patients sought clinic visit within 2 years after trauma. In addition, 85% of the patients showed TMJ disc derangement without reduction, and osteoarthritis was accompanied at the traumatized side or at both sides in 40% of the patients. After arthrocentesis or lavage, maximal mouth opening was significantly increased (28-44 mm on average, <0.001) and pain scale was dramatically decreased (7.8-3.5 of 10, <0.001); however, concomitant conservative therapy showed no difference in treatment outcome.

結論:

本研究の結果、顎関節のPTAの病因を明らかにし、顎関節のPTAを管理するための早期診断と治療法の選択肢を示唆した。

Conclusion: The results of this study clarify the disease identity of PTA in TMJ and suggest early diagnosis and treatment options to manage PTA in TMJ.