会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腎移植患者に対する内視鏡治療の効率性と安全性は、腎移植患者の在来型および移植腎ユニットにおける症候性膀胱尿管逆流を有する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transplant. Proc..2020 Jun;S0041-1345(19)31710-5. doi: 10.1016/j.transproceed.2020.05.016.Epub 2020-06-27.

腎移植患者に対する内視鏡治療の効率性と安全性は、腎移植患者の在来型および移植腎ユニットにおける症候性膀胱尿管逆流を有する

The Efficiency and Safety of Endoscopic Treatment on Kidney-Transplanted Patients With Symptomatic Vesicoureteral Reflux in Native and Transplanted Renal Units.

  • Orkunt Özkaptan
  • Muhsin Balaban
  • Alkan Çubuk
PMID: 32605774 DOI: 10.1016/j.transproceed.2020.05.016.

抄録

目的:

移植腎ユニットと在来腎ユニットの両方のVUR患者における症候性膀胱尿管逆流(VUR)に対する内視鏡的治療の転帰を評価すること。

OBJECTIVES: To evaluate the outcome of endoscopic treatment of symptomatic vesicoureteral reflux (VUR) in patients with VUR in both transplanted and native renal units.

材料と方法:

2014年1月から2019年12月までの間に,移植腎と在来腎の両方で逆流を伴う症候性膀胱尿管逆流症を有する移植患者23例を対象に,内視鏡治療の安全性について検討した.すべての患者は逆流性腎症による腎不全の既往歴のある患者であった。急性糸球体腎炎または移植片機能の悪化を少なくとも1回経験した後に、空洞嚢胞造影検査を実施した。すべての患者は術前に尿培養と超音波検査を受けた。デキストラノマー/ヒアルロン酸増量剤を内視鏡でダブルJステントの周囲に硬い金属針で注入した。臨床的成功とは、フォローアップ期間中に発熱性尿路感染症がないことと定義された。

MATERIAL AND METHODS: Between January 2014 and December 2019, 23 transplanted patients with symptomatic VUR with reflux in both transplanted and native kidney were included in the study. All patients were patients with a history of kidney failure due to reflux nephropathy. A voiding cystourethrography was performed after at least 1 episode of acute glomerulo pyelonephritis or deterioration of the graft function. All patients underwent a urine culture and an ultrasonic evaluation preoperatively. A dextranomer/hyaluronic acid bulking agent was injected via endoscope by a rigid metal needle around a double J stent. Clinical success was defined as absent of febrile urinary tract infection during the follow-up period.

結果:

この手技は52例の腎ユニットに適用された;そのうち27例が移植腎で、25例が在来腎であった。全体的な臨床的成功率は69.6%(N=16)であった。1回目の治療の成功率は52.2%(N=12)であったが、2回目の治療では17.3%(N=4)が成功した。内視鏡的処置を通して術中合併症は発生しなかった。軽度の術後合併症には、介入を必要としなかった自己制限的な血尿が2例(10%)含まれていた。

RESULTS: The procedure was applied in 52 effected renal units; of these, 27 were transplanted kidneys, and 25 were native kidneys. Overall clinical success was achieved in 69.6% (N = 16) of patients. The success rate after the first procedure was 52.2% (N = 12), whereas 17.3% (N = 4) achieved success after the second treatment. No intraoperative complications occurred throughout the endoscopic procedure. Minor postoperative complications included 2 (10%) cases of self-limiting episodes of hematuria that did not require intervention.

結論:

移植尿管と在来尿管の両方の症状を有するVURの内視鏡的治療は、ほとんどの患者で安全な治療法である。したがって、内視鏡的尿管注射は、このサブグループの患者では開腹手術よりも第一選択の治療法として優先されるべき治療法であり、低罹患率である。

CONCLUSION: Endoscopic treatment of symptomatic VUR for both transplanted ureter and native ureter is a safe treatment in most of the patients. Therefore, endoscopic ureteral injection is a treatment modality with low morbidity that should be preferred to open surgery as first-line treatment in this subgroup of patients.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.