会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アナリティクスを用いたVRヘルスケアアプリケーションにおけるインタラクティビティの評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Stud Health Technol Inform.2020 Jun;272:225-228. SHTI200535. doi: 10.3233/SHTI200535.

アナリティクスを用いたVRヘルスケアアプリケーションにおけるインタラクティビティの評価

Evaluating Interactivity in VR Healthcare Applications Using Analytics.

  • Stelian Nicola
  • Lacramioara Stoicu-Tivadar
PMID: 32604642 DOI: 10.3233/SHTI200535.

抄録

現在、バーチャルリアリティを利用した3Dアプリケーションの普及が進んでいます。教育分野では、この技術を活用してユーザーに楽しい学習方法を提供しています。そのため、ヒューマンコンピュータとスマートフォンとのインタラクションが増加しています。バーチャルリアリティベースの3Dアプリケーションにおける人間とコンピュータのインタラクティビティを測定するためには、特定のメトリクス(例:アプリケーションの使用時間、特定のタスクの実行速度)を考慮する必要があります。この論文では、教育目的で作成された医療用アプリケーションのインタラクティブ性を観察・測定するためにGoogle Analyticsを使用しています。このアプリケーションはバーチャルリアリティに基づいており、ユーザーは人間の骨格の骨を観察したり扱ったりすることができます。インタラクティブ性を観察するためにGoogleアナリティクスで監視している主なアクションは、骨格パーツの選択、ズームイン/ズームアウト、ローテーションです。骨格選択(足の骨)では80%の使用率(インタラクションの指標)が達成されましたが、その他のアクションと選択では100%の使用率が達成されました。

Currently, Virtual Reality-based 3D applications are more and more in use. Education is a field that makes use of this technology providing the users with a pleasant way of learning. Thus, the human-computer/smart phone interactivity increases. To measure the human-computer interactivity in a Virtual Reality-based 3D application, certain metrics may be considered (e.g.: application usage time, speed of execution of certain tasks). In this paper we use Google Analytics to observe and measure the interactivity in a medical application created for educational purposes. The application is based on Virtual Reality, and the user may observe and handle the bones of the human skeleton. The main actions monitored via Google Analytics to observe interactivity are: skeleton parts selection, zooming in/zooming out, rotation. An 80% usage percentage (measure of interaction) was achieved for the skeleton selection (foot bones), while for the other actions and selections the achieved percentage was of 100%.