国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

デジタルワークフローを用いたコンポジット注入法による前歯の歯列矯正後の再輪郭形成 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Esthet Restor Dent.2020 Jun;doi: 10.1111/jerd.12619.Epub 2020-06-30.

デジタルワークフローを用いたコンポジット注入法による前歯の歯列矯正後の再輪郭形成

Post-orthodontic recontouring of anterior teeth using composite injection technique with a digital workflow.

  • Keiichi Hosaka
  • Antonin Tichy
  • Yasuji Motoyama
  • Koji Mizutani
  • Wei-Jen Lai
  • Zuisei Kanno
  • Junji Tagami
  • Masatoshi Nakajima
PMID: 32603555 DOI: 10.1111/jerd.12619.

抄録

目的:

前歯の修復治療は、審美性と機能を最適化するための矯正治療の最終ステップとしてしばしば必要とされる。本症例報告では、デジタルワークフローを用いたコンポジット注入法を用いた前歯の歯列矯正後の再輪郭形成のための低侵襲なアプローチを紹介する。

OBJECTIVE: Restorative treatment of anterior teeth is often required as the final step of orthodontic therapy to optimize the esthetics and function. This case report presents a direct minimally invasive approach for post-orthodontic recontouring of anterior teeth using the composite injection technique with a digital workflow.

臨床的考察:

上顎前部の混雑を解消するために、根の短い中切歯の抜歯が適応となった。得られたスペースは側切歯で閉鎖されており、それぞれ中央切歯と側切歯に似せて犬歯を再輪郭化する必要があった。修復物はデジタルデザインされ、デジタルワックスアップの3Dプリントキャストから透明なシリコンインデックスが作製された。側切歯と犬歯を万能接着剤を用いてエッチング&リンス法で接着した後、高充填性の注射可能なコンポジットレジンをインデックスに塗布した。修復治療は、Er:YAGレーザーとホームブリーチングを用いた歯肉切除術に先行して行われた。

CLINICAL CONSIDERATIONS: The extraction of central incisors with short roots was indicated to resolve maxillary anterior crowding. The gained space was closed with lateral incisors, and it was necessary to recontour them and canines to resemble central and lateral incisors, respectively. The restorations were digitally designed, and a transparent silicone index was fabricated from a 3D-printed cast of the digital wax-up. After lateral incisors and canines were bonded with a universal adhesive in the etch-and-rinse mode, a highly filled injectable composite resin was applied into the index. The restorative treatment was preceded by gingivectomy using an Er:YAG laser and home bleaching.

結論:

より複雑な前歯の再輪郭形成が必要な症例では、コンポジット注入法は、簡単で費用対効果が高く、準備の必要がないため、間接的な修復の代替として適していると考えられる。デジタルワークフローは、治療を簡素化し、迅速化すると同時に、その精度に貢献した。

CONCLUSIONS: In cases where more complex recontouring of anterior teeth is necessary, the composite injection technique could be a suitable alternative to indirect restorations, because it is straightforward, cost-effective, and does not require any preparation. The digital workflow simplified and expedited the treatment while contributing to its precision.

臨床的意義:

直接複合修復物を用いた歯列矯正後の再輪郭形成は、低コストと非侵襲性のために患者に受け入れられています。しかし、複雑な症例では、フリーハンド技術は時間がかかり、技術的な制約があります。本研究では、デジタルワークフローを用いたコンポジット注入法により、治療結果を予測しながらコンポジット埋入を大幅に簡素化し、迅速化することが可能となった。

CLINICAL SIGNIFICANCE: Post-orthodontic recontouring using direct composite restorations is well accepted by patients due to low cost and non-invasiveness. However, in complicated cases, the free-hand technique is time-consuming and technique-sensitive. The presented composite injection technique with a digital workflow significantly simplifies and expedites the composite placement while predictably enhancing the treatment outcome.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.