国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

有機溶剤への曝露と肝毒性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Environ Sci Health A Tox Hazard Subst Environ Eng.2020 Jun;:1-6. doi: 10.1080/10934529.2020.1779532.Epub 2020-06-30.

有機溶剤への曝露と肝毒性

Exposure to organic solvents and hepatotoxicity.

  • Cristiano Brauner
  • Dvora Joveleviths
  • Mário R Álvares-da-Silva
  • Norma Marroni
  • Silvia Bona
  • Elizângela Schemitt
  • Raissa Nardi
PMID: 32602765 DOI: 10.1080/10934529.2020.1779532.

抄録

本研究の目的は、化学物質曝露が肝臓に及ぼす長期的な影響を明らかにすることであった。検査項目は、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)投与量、血漿中のチオバルビツール酸反応性物質、赤血球中のスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)、グルタチオンSトランスフェラーゼ分析などの酸化ストレス試験を実施した。本研究は、有機溶剤に曝露された労働者30名と曝露されなかった労働者40名の計70名を対象とした横断的研究である。有機溶剤に暴露された労働者は全員、少なくとも5年間の溶剤暴露歴があった。B型およびC型肝炎、既知の肝疾患、併存疾患、アルコール、違法薬物または肝障害性薬物の使用、喫煙、肥満度指数が30以上、女性の性別および年齢(18歳未満または65歳以上)はサンプルから除外された。その結果、ALTの上昇は、対照群と比較して曝露群でより頻繁に見られた。33% vs. 10.5%と統計的に有意であった(p<0.05)。チオバルビツール酸反応性物質は、対照群と比較して被爆群で有意に上昇していました(p<0.01)。抗酸化酵素は、対照群と比較して曝露群で上昇した。SOD 7.29 (4.30-8.91) USOD/mg/タンパク質に対して3.48 (2.98-5.28) USOD/mg/タンパク質、GST 2.57μmol/min/mg/タンパク質(1.80-4.78)に対して1.81μmol/min/mg/タンパク質(1.45-2.30) μM/min/mg/タンパク質であった。この結果は、有機溶剤への曝露と肝毒性との関連性を示唆している。

The purpose of this study was to identify the long-term effect of chemical exposure on the liver. Laboratory tests included alanine aminotransferase (ALT) dosage and oxidative stress tests, such as thiobarbituric acid reactive substances in plasma and superoxide dismutase (SOD) and glutathione S-transferase analysis in erythrocytes. The cross-sectional study comprised 70 workers, 30 of them exposed to organic solvents and 40 not exposed. All those exposed presented at least 5 years of exposure to solvents. Hepatitis B and C, known hepatic disease, comorbidities, use of alcohol, illicit drugs or hepatotoxic medications, smoking, body mass index >30, female sex and age (<18 or >65) were excluded from the sample. Results indicated that elevated ALT was more frequent in the exposed group compared to controls: 33% vs. 10.5%, with a statistical significance (p < 0.05). Thiobarbituric acid reactive substances were significantly elevated (p < 0.01) in the exposed group in comparison to controls. Antioxidant enzymes were more elevated in the exposed group compared to controls: SOD 7.29 (4.30-8.91) USOD/mg of protein vs. 3.48 (2.98-5.28) USOD/mg of protein and GST 2.57 µmol/min/mg of protein (1.80-4.78) vs. 1.81 µmol/min/mg of protein (1.45- 2.30) µM/min/mg of protein. The results suggest an association between exposure to organic solvents and hepatotoxicity.