会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

画像処理法を用いた歯の汚れに対する各ブリーチング剤の有効性の評価。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Photodiagnosis Photodyn Ther.2020 Jun;:101901. S1572-1000(20)30255-6. doi: 10.1016/j.pdpdt.2020.101901.Epub 2020-06-26.

画像処理法を用いた歯の汚れに対する各ブリーチング剤の有効性の評価。

THE ASSESSMENT OF DIFFERENT BLEACHING AGENTS' EFFICIENCY ON DISCOLOURED TEETH USING IMAGE-PROCESSING METHODS.

  • Ismail Ozkocak
  • Mahmut Hekim
  • Hakan Gokturk
  • Kemal Adem
  • Onur Comert
PMID: 32599090 DOI: 10.1016/j.pdpdt.2020.101901.

抄録

背景:

トリプル抗生物質ペースト(TAP)は、再生歯内療法のカナル内薬剤として成功を収めているが、TAPは変色の原因となることも示されている。本研究の目的は、TAPから変色した歯を漂白するための異なる漂白剤の有効性を調査することである。

BACKGROUND: Although triple antibiotic paste (TAP) has been successfully used as an intracanal medicament for regenerative endodontic treatments, TAP has also been shown to cause discolouration. The aim of this study is to investigate the efficacy of different bleaching agents to bleach teeth discoloured from TAP.

方法:

抜歯したヒト上顎切歯200本をVITA Easyshadeで評価し、120本の歯を作製し、3週間TAPを用いて変色させた。着色後、70本の歯を無作為に5群に分けた。第1群:ネガティブコントロール、第2群:過ホウ酸ナトリウム、第3群:オパレッセンスエンド、第4群:エンドペルオキシ、第5群:ビオラーゼの5群に分けた。3日目と7日目の標準画像の色変化は、実体顕微鏡を用いて得られ、画像にRGBおよびLab色空間変換を適用した。CIE Labカラーシステムを使用し、分散分析検定を用いて、グループ間および経時的な総色変化量(ΔE)を算出し、比較した。

METHODS: Two hundred extracted human maxillary incisors were evaluated with VITA Easyshade, and 120 teeth were prepared and discoloured by using TAP for three weeks. After colouration, 70 teeth were randomly divided into five groups: Group 1: Negative control, Group 2: Sodium perborate, Group 3: Opalescence Endo, Group 4: Endoperox, and Group 5: Biolase. The colour changes in the third and seventh days' standard images were obtained using stereomicroscopy, RGB and Lab color space transformations were applied to the images. The CIE Lab color system was used, and total color changes (ΔE) were calculated and compared among groups and over time, using analysis of variance testing.

結果:

日目の時点では、漂白剤間に差はなかった。7日目の測定では、ビオラーゼ群の方が過ホウ酸ナトリウムよりも優れており、他の群間に差はなかった。全ての漂白プロトコールにおいて、3日目と7日目の測定値の間に統計的に有意な差が認められた。すべての薬剤の漂白効果は時間の経過とともに増加した。

RESULTS: At the third day, there was no difference between bleaching materials. At the seventh day, the Biolase group was superior to sodium perborate and there was no difference between other groups. A statistically significant difference was noted between the third and seventh-day measurements for all bleaching protocols. Bleaching effectiveness of all agents increased over time.

結論:

TAPを使用して変色した歯は、調査されたプロトコールによって漂白され、色の変質は時間の経過とともに増加し得る。CIE Labカラーシステムは、漂白剤の漂白効率を評価するための代替的なin vitro試験として使用することができます。

CONCLUSIONS: Teeth discoloured by using TAP may be bleached by means of the investigated protocols, and colour alteration can be increased over time. The CIE Lab colour system can be used as an alternative, in vitro test for evaluating the bleaching efficiency of bleaching agents.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.