国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

前立腺がん患者における精神的苦痛と心理社会的支援の必要性。観察的横断的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Psychiatry Med.2020 Jun;:91217420938896. doi: 10.1177/0091217420938896.Epub 2020-06-27.

前立腺がん患者における精神的苦痛と心理社会的支援の必要性。観察的横断的研究

Mental distress and need for psychosocial support in prostate cancer patients: An observational cross-sectional study.

  • Naomi Baba
  • Theresa Schrage
  • Armin Hartmann
  • Kenji Baba
  • Alexander Wuensch
  • Wolfgang Schultze-Seemann
  • Joachim Weis
  • Andreas Joos
PMID: 32597270 DOI: 10.1177/0091217420938896.

抄録

目的:

前立腺がんはドイツの男性に最も多いがんであり、さまざまな身体的および心理社会的問題と関連している。本研究では、治療法および病期が異なる患者のサブグループを比較して、精神的苦痛と心理社会的支援の主観的必要性との関連を調査した。

OBJECTIVE: Prostate cancer is the most common cancer in German men and associated with various physical and psychosocial problems. This study investigated the association between mental distress and the subjective need for psychosocial support comparing subgroups of patients with different treatments and disease stages.

方法:

4 つの病状を有する患者を含む観察的横断的研究を行った。積極的サーベイランス、根治的前立腺摘除術、生化学的再発、転移病変。精神的苦痛(NCCN Distress-Thermometer)、抑うつや不安の症状(PHQ-9、GAD-7)、心理社会的ニーズ、対処資源(自己設計質問票)を評価した。

METHOD: We performed an observational, cross-sectional study including patients with four medical conditions: Active Surveillance, radical prostatectomy, biochemical relapse, metastasized disease. Mental distress (NCCN Distress-Thermometer), symptoms of depression and anxiety (PHQ-9, GAD-7), psychosocial needs and coping resources (self-designed questionnaire) were assessed.

結果:

=130名の患者を対象とした。33.3%が苦痛を示し、16.5%が中等度のうつ病の症状を示し、13%が中等度の不安の症状を示した。4群間に有意差は認められなかった。苦痛と心理社会的支援の希望の間には関連があった(=4.3;<0.05;=0.19)。ほぼ90%がパートナーと一緒に暮らしており、これは資源を意味しています。

RESULTS:  = 130 patients were included. 33.3% showed distress, 16.5% symptoms of moderate depression and 13% symptoms of moderate anxiety. We found no significant differences between the four groups. An association was present between distress and wish for psychosocial support ( = 4.3;  < 0.05;  = 0.19). Almost 90% lived with a partner, which represents a resource.

結論:

前立腺がん患者では、精神的苦痛、抑うつ、不安のレベルが低く、病期や治療法に差はなかった。したがって、支援を必要としている患者を特定するためには、すべての患者の慎重な心理社会的スクリーニングが不可欠である。精神的苦痛を感じている患者は、心理社会的支援の必要性をより頻繁に表明している。対人関係、最も多くの場合は妻や子供が重要な対処資源である。

CONCLUSIONS: Prostate cancer patients showed low levels of mental distress, depression and anxiety with no difference in terms of disease stage and treatment modality. Therefore, careful psychosocial screening of all patients is essential to identify those in need for support. Distressed patients express a need for psychosocial support more often. Interpersonal relationships, most often wives and children, represent important coping resources.