会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

オレンジ色蛍光タンパク質の研究と応用の進展 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sheng Wu Gong Cheng Xue Bao.2020 Jun;36(6):1060-1068. doi: 10.13345/j.cjb.190465.

オレンジ色蛍光タンパク質の研究と応用の進展

[Advances in the research and applications of orange fluorescent protein].

  • Wen Peng
  • Peimin He
  • Dingji Shi
  • Rui Jia
PMID: 32597057 DOI: 10.13345/j.cjb.190465.

抄録

蛍光タンパク質は、細胞間の分子間相互作用を調査し、特定の代謝物の経路を追跡するためのプローブとして使用することができ、従って、生きている細胞内の様々な代謝過程や細胞経路の詳細かつ正確な記述を提供することができる。現在、既存の蛍光タンパク質は、紫外から遠赤までのほぼ全ての波長帯をカバーしています。これらの蛍光タンパク質は、高分解能顕微鏡を用いてバイオサイエンスの多くの分野に応用されており、生物学の発展に大きく貢献しています。オレンジ色の蛍光タンパク質とは、540-570 nmのスペクトル領域に存在する蛍光タンパク質を指すと一般的に言われていますが、近年、オレンジ色の蛍光タンパク質の研究が盛んに行われています。近年、オレンジ色蛍光タンパク質の研究は大きく進展し、レポータータンパク質として、また蛍光受容体として蛍光共鳴エネルギー移動を利用して、生物学や医学の分野に広く応用されている。本稿では、今後の研究の基礎となるオレンジ色蛍光タンパク質の開発と応用を中心に、過去15年間のオレンジ色蛍光タンパク質分野の研究を振り返る。

Fluorescent proteins can be used as probes to investigate intercellular molecular interactions and trace the pathway of specific metabolites, thus providing a detailed and accurate description of various metabolic processes and cellular pathways in living cells. Nowadays, the existing fluorescent proteins cover almost all spectral bands from ultraviolet to far-red. These fluorescent proteins have been applied in many fields of bioscience with the help of high-resolution microscopy, making great contributions to the development of biology. It is generally agreed that orange fluorescent proteins refer to the fluorescent proteins at the spectral range of 540-570 nm. In recent years, researches on orange fluorescent proteins have made great progress, and they have been widely applied in the field of biology and medicine as reporter protein and fluorescence resonance energy transfer as fluorescent receptor. This paper reviews the studies in the field of orange fluorescent proteins over the last 15 years, with the special focus on the development and application of orange fluorescent proteins to provide the basis for the future studies.

荧光蛋白(蛍光タンパク質,FP) 可作为探针用以探究细胞内分子间相互作用,追踪特定代谢物的代谢途径,对活细胞内的各种代过谢程和细胞通路进行详细、准确的描述。目前已有的FPs 几乎已经覆盖了从紫外光到远红外光的所有光谱波段,.这些FPs 借助高分辨率显微技术应用于生命科学的诸多领域,为生物学的发展作出巨大贡献。橙色FPs 通常指光谱区间在540-570 nm 的FPs,近几年来关于橙色FPs 的研究进展较快,并且其作为标记蛋白以及荧光共振能量转移技术(蛍光共鳴エネルギー移動,FRET) 中的荧光受体在生物学及医学领域得到较多的应用。文中综述了近15 年橙色FP 领域的相关研究,重点聚焦橙色FPs 的发展和应用,为今后橙色FPs 的研究提供依据。

荧光蛋白 (Fluorescent protein,FPs) 可作为探针用以探究细胞内分子间相互作用,追踪特定代谢物的代谢途径,对活细胞内的各种代谢过程和细胞通路进行详细、准确的描述。目前已有的FPs 几乎已经覆盖了从紫外光到远红外光的所有光谱波段,这些FPs 借助高分辨率显微技术应用于生命科学的诸多领域,为生物学的发展作出巨大贡献。橙色FPs 通常指光谱区间在540–570 nm 的FPs,近几年来关于橙色FPs 的研究进展较快,并且其作为标记蛋白以及荧光共振能量转移技术 (Fluorescence resonance energy transfer,FRET) 中的荧光受体在生物学及医学领域得到较多的应用。文中综述了近15 年橙色FPs 领域的相关研究,重点聚焦橙色FPs 的发展和应用,为今后橙色FPs 的研究提供依据。.