会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ビタミンD依存性くる病の診断と管理。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Front Pediatr.2020;8:315. doi: 10.3389/fped.2020.00315.Epub 2020-06-12.

ビタミンD依存性くる病の診断と管理。

Diagnosis and Management of Vitamin D Dependent Rickets.

  • Michael A Levine
PMID: 32596195 PMCID: PMC7303887. DOI: 10.3389/fped.2020.00315.

抄録

ビタミンD依存性くる病」という用語は、活性型ビタミンDの適切な濃度を維持できない、または活性化されたビタミンDに十分に反応しないために、早期に発症するくる病を特徴とする遺伝性疾患の一群を示すものである。本レビューでは、ビタミンD依存性くる病の3つの形態の分子基盤について最新情報を提供し、罹患した患者の管理のための現在のプロトコルを要約している。

The term "vitamin D dependent rickets" describes a group of genetic disorders that are characterized by early-onset rickets due to the inability to maintain adequate concentrations of active forms of vitamin D or a failure to respond fully to activated vitamin D. Although the term is now admittedly a pathophysiological misnomer, there remains clinical relevance for its continued use, as patients have a lifelong "dependency" on administration of specialized regimens of vitamin D replacement. This review provides an update on the molecular bases for the three forms of vitamin D dependent rickets, and summarizes current protocols for management of affected subjects.

Copyright © 2020 Levine.