会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Dysgeusiaのポスト放射線頭頸部癌の鍼治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Med Acupunct.2020 Jun;32(3):157-162. 10.1089/acu.2020.1410. doi: 10.1089/acu.2020.1410.Epub 2020-06-16.

Dysgeusiaのポスト放射線頭頸部癌の鍼治療

Acupuncture Therapy in Post-Radiation Head-and-Neck Cancer with Dysgeusia.

  • Wahyuningsih Djaali
  • Christina Lanny Simadibrata
  • Irma Nareswari
PMID: 32595823 PMCID: PMC7310235. DOI: 10.1089/acu.2020.1410.

抄録

頭頸部がんに対する放射線治療では、痛み、吐き気、嘔吐などの副作用や、無呼吸・嚥下障害などの感覚障害、口腔乾燥、ほてり、疲労感、睡眠障害、さらには不安障害や抑うつ障害などの症状が現れることがあります。現在、がん治療センターでは、鍼灸を用いた治療法が取り入れられています。鍼灸治療は、がん治療の副作用を軽減することが臨床的に証明されており、その結果、生活の質が向上しています。 65歳の男性は、I期喉頭扁平上皮癌(SCC)と診断され、頭頸部癌に対して総線量60Gyの放射線治療を30回受けた後、味覚異常と嚥下痛(視覚アナログスケール[VAS]:4)を呈した。彼は次の場所で鍼治療を受けた:体のポイント(LI 4、LR 3、ST 36、SP 6、およびST 40)、耳の戦場の鍼治療ポイント(帯状回、視床、ゼロポイント、およびオメガ2)、および手首の領域(バランス法によると)。鍼灸治療は週2回、45分のセッションで行われた。 12回の鍼治療の後、彼は味覚機能の改善とVAS 4からVAS 1への痛みの減少を持っていた。この改善は、鍼治療による抗炎症メディエーターの分泌による抗炎症作用、ß-エンドルフィンの分泌による抗痛み作用、神経栄養因子の分泌による神経細胞の再生作用によるものと考えられる。 鍼灸治療を定期的に行うことで、頭頸部がん後の患者さんの味覚障害や痛みを軽減することができます。鍼治療は、放射線照射後の頭頸部癌の毒性を持つ患者さんのための治療法の選択肢となります。

Radiation therapy for head-and-neck cancer can cause side-effects, including pain, nausea, vomiting, sensory disorders such as anosmia and dysgeusia, dysphagia, xerostomia, hot flashes, fatigue, sleep disorders, and even anxiety and depression disorders. Therapies using acupuncture are now being adopted at cancer therapy centers. Acupuncture has been clinically proven to reduce the side-effects of cancer therapies, thus, resulting in better quality of life. A 65-year-old man was diagnosed with stage I laryngeal squamous-cell carcinoma (SCC), and had missing taste and pain on swallowing (visual analogue scale [VAS]: 4) after undergoing 30 sessions of radiation therapy for head-and-neck cancer with a total radiation dose of 60 Gy. He received acupuncture at: body points (LI 4 , LR 3 , ST 36 , SP 6 , and ST 40 ); the Battlefield Acupuncture points of the ear (Cingulate Gyrus, Thalamus, Zero Point, , and Omega 2); and on the wrist area (according to a balance method). Acupuncture therapy was given 2 times a week, for 45-minute sessions. After 12 acupuncture sessions, he had improvement in taste function and pain reduction from VAS 4 to VAS 1. This improvement likely occurred due to acupuncture's anti-inflammatory effects through anti-inflammatory mediator secretion, an antipain effect through ß-endorphin secretion, and nerve-cell regeneration through neurotropic factors' secretion. Routine acupuncture therapy can reduce dysgeusia and pain in postradiated patients with head-and-neck cancer. Acupuncture can be a therapeutic choice for patients with post-radiation head-and-neck cancer toxicity.

Copyright 2020, Mary Ann Liebert, Inc., publishers.