会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

口腔白板症の外科的治療における革新的なデジタル制御 ER:YAG レーザーの評価-予備研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Clin Croat.2019 Dec;58(4):615-620. acc-58-615. doi: 10.20471/acc.2019.58.04.07.

口腔白板症の外科的治療における革新的なデジタル制御 ER:YAG レーザーの評価-予備研究

EVALUATION OF INNOVATIVE DIGITALLY CONTROLLED ER:YAG LASER IN SURGICAL TREATMENT OF ORAL LEUKOPLAKIA - A PRELIMINARY STUDY.

  • Dragana Gabrić
  • Vlaho Brailo
  • Aleksandra Ivek
  • Karla Krpan
  • Nena Matulić
  • Danko Velimir Vrdoljak
  • Anja Baraba
  • Vanja Vučićević Boras
PMID: 32595245 PMCID: PMC7314310. DOI: 10.20471/acc.2019.58.04.07.

抄録

口腔内白板症の治療のためのレーザーの使用は、過去数年の間に多くの関心を集めているが、Er:YAGレーザーの使用に関するデータは乏しい。本研究の目的は、27人の口腔白板症患者を対象に、Er:YAGレーザーと1%外用イソトレチノインの治療効果を比較することであった。Er:YAGレーザー(LightWalker AT、Fotona、スロベニア)を27名の白板症病変患者に使用した。術後疼痛はvisual analog scale(VAS)を用いて評価し、レーザー治療のQOLへの影響はOHIP-14質問票(クロアチア語版)で評価した。対照群は、以前に1年間、1日3回、1%の外用イソトレチオンを1日3回投与した同じ27人の患者で構成されていた。イソトレチノイン外用剤投与後の白板症病変の大きさの改善は認められなかった。白板症の局在、レーザー照射回数、VASには男女間で有意差が認められた(p<0.05)。6ヶ月後と1年後の追跡調査では、病変の再発は認められなかった。Er:YAGレーザーは口腔白板症の治療に成功している。口腔内白板症の患者では、イソトレチオン外用療法は成功しない。

The use of lasers for treatment of oral leukoplakia has gained a lot of interest in the past years, however, data on the use of Er:YAG laser are scarce. The aim of this study was to compare the efficacy of Er:YAG laser and 1% topical isotretinoin in the treatment of 27 oral leukoplakia patients. Er:YAG laser (LightWalker AT, Fotona, Slovenia) was used in 27 patients with 27 leukoplakia lesions. Postoperative pain was assessed by use of visual analog scale (VAS), and the impact of laser treatment on the quality of life was assessed by the OHIP-14 questionnaire (Croatian version). Control group consisted of the same 27 patients previously treated with 1% topical isotretionin three times a day during the period of one year. No improvement in the size of leukoplakia lesions was observed after treatment with topical isotretinoin. There were significant differences between men and women according to leukoplakia localization, number of laser sessions and VAS (p<0.05). At follow-up after six months and one year, there was no recurrence of lesions. Er:YAG laser is a successful treatment for oral leukoplakia. Topical isotretionin treatment is unsuccessful in patients with oral leukoplakia.