会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ペパーミント(Mentha piperita)粉末の食餌摂取は、カスピ海ローチ(Rutilus caspicus)における成長能、血液学的指標、皮膚粘膜免疫パラメータ、成長およびストレス関連遺伝子の発現に影響を与えます | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Fish Physiol. Biochem..2020 Jun;10.1007/s10695-020-00839-z. doi: 10.1007/s10695-020-00839-z.Epub 2020-06-26.

ペパーミント(Mentha piperita)粉末の食餌摂取は、カスピ海ローチ(Rutilus caspicus)における成長能、血液学的指標、皮膚粘膜免疫パラメータ、成長およびストレス関連遺伝子の発現に影響を与えます

Dietary peppermint (Mentha piperita) powder affects growth performance, hematological indices, skin mucosal immune parameters, and expression of growth and stress-related genes in Caspian roach (Rutilus caspicus).

  • Hammed Paknejad
  • Seyed Pezhman Hosseini Shekarabi
  • Mehdi Shamsaie Mehrgan
  • Abdolmajid Hajimoradloo
  • Zohre Khorshidi
  • Soheila Rastegari
PMID: 32592128 DOI: 10.1007/s10695-020-00839-z.

抄録

ペパーミントは、医薬品としての応用が期待されており、人気の高い生薬である。本研究では、ペパーミント粉末を飼料添加物として使用し、カスピ海産ローチ(Rutilus caspicus)の成長能、血液学的パラメータ、皮膚粘液のタンパク質プロファイル、免疫パラメータ、成長ホルモン(GH)、インスリン様成長因子(IGF)、70kDa熱ショックタンパク質(HSP70)遺伝子の発現を評価した。仔魚(平均体重2.40±0.12g)に0(対照)、2、3、4g/kgのペパーミントを含む飼料を8週間与えた。その結果、ペパーミントの添加により、成長パラメータが有意に向上し、食物転換率が低下した。ペパーミントを添加した飼料を与えた魚の血液学的指標は対照群と有意に異なっていた(P<0.05)。粘液試料中の可溶性タンパク質、アルカリホスファターゼ、リゾチーム酵素活性は、ペパーミントの添加量を増加させることで増加傾向を示した。粘膜免疫の評価では、ペパーミントを添加した飼料を給与した群と対照群では、タンパク質プロファイルに顕著な違いがあることが示された。また、4g/kgのペパーミントを含む飼料を給与した魚の皮膚粘液中に新しいタンパク質バンド(約27kDa)が発見され、この処置で最も高いバンド密度が観察された。IGFおよびGH遺伝子の発現が最も高かったのは、4g/kgペパーミント処理であった。また、ペパーミント粉末を給与した魚と対照群では、HSP70の発現に有意な差が認められた(P<0.05)。全体的に、ペパーミントを4g/kgの飼料で経口投与することで、成長促進剤や免疫賦活剤として作用することが示された。

Peppermint is a popular herbal medicine due to its several pharmaceutical applications. In this study, peppermint powder was used as a feed additive to evaluate growth performance, hematological parameters, protein profile of skin mucus, and immune parameters, as well as growth hormone (GH), insulin-like growth factor (IGF), and 70 kDa heat shock protein (HSP70) gene expression in Caspian roach (Rutilus caspicus). The fingerlings (average weight of 2.40 ± 0.12 g) were fed with diet containing 0 (control), 2, 3, and 4 g/kg peppermint for 8 weeks. The addition of peppermint significantly enhanced the growth parameters and decreased the food conversion ratio. Hematological indices of fish fed with peppermint-supplemented diets were significantly different from the control group (P < 0.05). Soluble protein, alkaline phosphatase, and lysozyme enzyme activity in mucus samples showed an incremental trend by increasing the peppermint levels in the diet. Evaluation of mucosal immunity indicated a remarkable difference between the protein profile in treatments fed with peppermint-supplemented diets and the control group. A new protein band (approximately 27 kDa) was also found in the skin mucus of fish fed with the diet containing 4 g/kg peppermint, and the highest band density was observed in this treatment. The highest IGF and GH gene expression were observed in 4 g/kg peppermint treatment. There was a significant difference in HSP70 expression between the fish fed with peppermint powder and the control group (P < 0.05). Overall, the results showed that dietary oral administration of peppermint at 4 g/kg of feed can act as a growth promoter and immunostimulant.