会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

3dMD顔面解析とセファロメトリーを用いた第II類下顎後退症患者におけるアクチベーター・アプライアンスの効果について、思春期と思春期以降の時期を比較した前向き研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Med. Sci. Monit..2020 Jun;26:e921401. 921401. doi: 10.12659/MSM.921401.Epub 2020-06-26.

3dMD顔面解析とセファロメトリーを用いた第II類下顎後退症患者におけるアクチベーター・アプライアンスの効果について、思春期と思春期以降の時期を比較した前向き研究

A Prospective Study Comparing Adolescent and Post-Adolescent Periods Regarding Effects of Activator Appliance in Patients with Class II Mandibular Retrognathia by Using 3dMDface Analysis and Cephalometry.

  • Esra Yüksel Coşkun
  • Elçin Esenlik
PMID: 32588836 DOI: 10.12659/MSM.921401.

抄録

背景 この前向き研究の目的は、側方セファロレントゲン写真と三次元写真測量(3dMDface)を用いて、クラスII下顎後突症患者における従来のアクチベーター装置の有効性について、思春期と思春期以降の成長期を比較することであった。材料・方法 思春期成長期の患者15名と思春期後成長期の患者17名の2つのグループを登録した。すべての患者は下顎後突症を伴うクラスIIの異常を有しており、従来のアクチベーター装置で治療を受けた。クラスIIの患者のアクチベーター治療の開始時と終了時に、側方セファロレントゲン写真と三次元写真を取得した。上顎顎骨の不一致、下顎骨の突出と長さ、凸角、顔面高さ、歯列測定をセファロメトリックに評価した。唇と顎の投影、唇と下顎領域の体積測定は、3次元写真測量を用いて評価した。結果 従来のアクチベーター治療では、両成長期において下顎矢状成長と上顎顎顎関節関係(ANB°とSNB°の角度)が改善され、同様の効果が得られた。両群ともに治療後に下顎有効長が増加(Co-GN長)し、上顎水平成長が制限された(SNA°角度が減少)ことが確認されました。治療期間は思春期以降の群で有意に長かった。三次元フォトグラメトリでは、下顎骨、ポゴニオン、下顎骨下点の突出量の増加が認められた。唇の総量は減少したが,下顎の総量は両群ともに有意に増加した.下顎角は思春期以降の群でより大きな増加を示した。結論 下顎後突症を伴うクラスIIの異常の修正は、両成長期の歯と骨格の変化の組み合わせで達成された。従来のアクチベーター療法は、骨格と歯の重大な変化をもたらしたため、成長期後期には代替的な治療アプローチとなる可能性がある。

BACKGROUND The purpose of this prospective study was to compare adolescent and post-adolescent growth periods regarding the effectiveness of conventional activator appliance in patients with Class II mandibular retrognathia by using lateral cephalometric radiographs and three-dimensional photogrammetry (3dMDface). MATERIAL AND METHODS We enrolled 2 groups: 15 patients in the adolescent growth period and 17 patients in the post-adolescent growth period. All patients had Class II anomaly with mandibular retrognathia and were treated with conventional activator appliances. Lateral cephalometric radiographs and three-dimensional photogrammetric views were obtained at the beginning and end of the activator treatment of Class II patients. Maxillomandibular discrepancy, mandibular protrusion and lengths, convexity angles, facial heights, and dental measurements were evaluated cephalometrically. Projections of the lips and the chin and volumetric measurements of the lip and the mandibular area were assessed using three-dimensional photogrammetry. RESULTS Conventional activator therapy resulted in similar effects in both growth periods regarding improvements in the mandibular sagittal growth and maxillomandibular relationship (ANB° and the SNB° angles). Mandibular effective length was increased (Co-Gn length) and the maxillary horizontal growth was restricted (decreased SNA° angle) in both groups following the treatment. Treatment duration was significantly longer in the post-adolescent group. Increases in the projections of menton, pogonion, and sublabial points were observed in the three-dimensional photogrammetric views. Total lip volume was reduced while the mandibular volume was significantly increased in both groups. Lower gonial angle showed a greater increase in the post-adolescent group. CONCLUSIONS Correction of Class II anomaly with mandibular retrognathia was achieved with a combination of dental and skeletal changes in both growth periods. Conventional activator therapy may be an alternative treatment approach in the late growth period as it led to significant skeletal and dental changes.