会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

運動学的アライメントの根拠 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Orthopade.2020 Jul;49(7):570-577. 10.1007/s00132-020-03937-1. doi: 10.1007/s00132-020-03937-1.

運動学的アライメントの根拠

[Rationale of kinematic alignment].

  • H Windhagen
PMID: 32588100 DOI: 10.1007/s00132-020-03937-1.

抄録

背景:

キネマティック・アライメントとは、三次元的に見て個々の膝のプロテーゼをインプラントするための哲学です。この概念の鍵となるのは、大腿骨の屈曲-伸展軸を後コンディル内のアサイリンダーの中心として理解することです。この軸は膝の全可動域にわたって3次元的に定義されています。脛骨は大腿骨に沿っており、伸展時と屈曲時には膝の上でバランスが取れており、屈曲時と深屈曲時には個々の弛緩性を示します。

BACKGROUND: Kinematic alignment is a philosophy for individual knee prosthesis implantation in a three-dimensional view. The key of the concept is to understand the femoral flexion-extension axis as the centre of a cylinder within the posterior condyles. This axis defines the knee in three dimensions over the entire range of motion. The tibia follows the femur, is balanced on the knee in extension and flexion, and shows individual laxities in flexion and deep flexion.

インパクト:

この方法では、多くの患者さんの場合、股関節-膝-足首の中心軸がまっすぐではなく、脚の構成軸に沿って四肢が再構築されます。この方法では、多くの患者さんが自然な斜めの関節ラインになるような自然な関節ラインを完全に再構築することを目指しています。その結果、膝の自然な安定性が回復し、膝蓋骨の自然な運動学が維持されるため、かなりの利点があります。静力学的に見ると、ポリエチレンとインプラントと骨の界面は、内転子モーメントの変化による機械的な過負荷に対して脆弱である可能性があります。しかし、自然に配向した膝関節は、よりバランスのとれた負荷パターンを示すことを示す証拠が増えてきています。さらに、動的な歩行パターンは、実際には膝の伸側屈筋モーメントが減少するメカニズムを示しており、10年後までの臨床結果を説明しています。

IMPACTS: As a consequence, limbs will be reconstructed along their constitutional leg axis, which in most patients is different to a straight hip-knee-ankle centre axis. The method aims at perfectly reconstructing the natural joint lines, which in many patients leads to the natural oblique joint lines. This results in considerable advantages, as the natural stability of the knee is restored, and native patella kinematics are maintained. From a static view, polyethylene and the implant-bone interface may be vulnerable to mechanical overloading due to altered adductor moments. However, a growing body of evidence shows that naturally oriented knee joints show a more balanced loading pattern. Moreover, dynamic gait patterns actually show the mechanism of even reduced knee adductor moments, explaining the clinical results of up to 10 years follow up.