会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

NLRP3インフルマソームの多因子活性化。動脈硬化性心血管系のリスクと疾患への精密アプローチのための関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Mol Sci.2020 Jun;21(12). E4459. doi: 10.3390/ijms21124459.Epub 2020-06-23.

NLRP3インフルマソームの多因子活性化。動脈硬化性心血管系のリスクと疾患への精密アプローチのための関連性

Multifactorial Activation of NLRP3 Inflammasome: Relevance for a Precision Approach to Atherosclerotic Cardiovascular Risk and Disease.

  • Andrea Baragetti
  • Alberico Luigi Catapano
  • Paolo Magni
PMID: 32585928 DOI: 10.3390/ijms21124459.

抄録

慢性的な低悪性度炎症は、NACHTロイシンリッチリピートおよびPYD含有(NLRP)3炎症酵素-インターロイキン(IL)-1β経路の特異的な活性化を介して、細胞内のコレステロール蓄積によって引き起こされ、アテローム性動脈硬化性心血管系疾患(ASCVD)の発症に重要な貢献をしています。この病理学的文脈の中で、この複雑な経路は、不健康な栄養、腸内および口腔内微生物叢の変化、およびコレステロール自体の上昇などの多くの要因によって活性化されます。さらに、乾癬など、心血管疾患(CVD)リスクの上昇にも関連する自己炎症性疾患からの証拠は、NLRP3経路関連遺伝子(NLRP3自体、カスパーゼリクルートドメイン含有タンパク質(CARD)8、カスパーゼ-1、IL-1βなど)の変異が、一部の個人では、構成的な炎症促進パターンにつながる機能増加突然変異を運ぶ可能性を示唆している。実際、最近では、このような遺伝子に特定の一塩基多型(SNP)が存在すると、ASCVDの有病率が高くなることが報告されています。これらの観察結果に基づいて、これらのNLRP3関連SNPのキャリアを同定し、ゲノムスコアを作成することは、より良いCVDリスク予測に有用であり、もしかしたらNLRP3-IL-1β経路を標的とした個別化された治療アプローチのために有用である可能性があります。

Chronic low-grade inflammation, through the specific activation of the NACHT leucine-rich repeat- and PYD-containing (NLRP)3 inflammasome-interleukin (IL)-1β pathway, is an important contributor to the development of atherosclerotic cardiovascular disease (ASCVD), being triggered by intracellular cholesterol accumulation within cells. Within this pathological context, this complex pathway is activated by a number of factors, such as unhealthy nutrition, altered gut and oral microbiota, and elevated cholesterol itself. Moreover, evidence from autoinflammatory diseases, like psoriasis and others, which are also associated with higher cardiovascular disease (CVD) risk, suggests that variants of NLRP3 pathway-related genes (like NLRP3 itself, caspase recruitment domain-containing protein (CARD)8, caspase-1 and IL-1β) may carry gain-of-function mutations leading, in some individuals, to a constitutive pro-inflammatory pattern. Indeed, some reports have recently associated the presence of specific single nucleotide polymorphisms (SNPs) on such genes with greater ASCVD prevalence. Based on these observations, a potential effective strategy in this context may be the identification of carriers of these NLRP3-related SNPs, to generate a genomic score, potentially useful for a better CVD risk prediction, and, possibly, for personalized therapeutic approaches targeted to the NLRP3-IL-1β pathway.