会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

レジン添加グラスアイオノマーセメントの接着性評価におけるレーザー試作品(Er,Cr:YSGG;Er:YAG)を用いた象牙質コンディショニングの検討 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Contemp Dent Pract.2020 Apr;21(4):426-430. 1526-3711-2559. Epub 2020-04-01.

レジン添加グラスアイオノマーセメントの接着性評価におけるレーザー試作品(Er,Cr:YSGG;Er:YAG)を用いた象牙質コンディショニングの検討

Dentin Conditioning Using Different Laser Prototypes (Er,Cr:YSGG; Er:YAG) on Bond Assessment of Resin-modified Glass Ionomer Cement.

  • Fahad Alkhudhairy
PMID: 32584281

抄録

エイム:

本研究の目的は,象牙質に接着したレジン変性グラスアイオノマーセメント(RMGIC)のせん断接着強度(SBS)に及ぼす様々なコンディショニングレジーム(レーザーと従来の方法)の評価と比較を行うことであった.

AIM: The aim of this study was to evaluate and compare various conditioning regimes (laser and conventional) on shear bond strength (SBS) of resin-modified glass ionomer cement (RMGIC) bonded to dentin.

材料および方法:

60名の無傷の上顎臼歯を洗浄、分離し、無作為に6つのグループ(=10)に分けた。無作為化の前に、象牙質表面を露出させて仕上げた。I群の試料は、Er,Cr:YSGGレーザー(ECYL)を用いてコンディショニングした。グループIIの試料はEr:YAGレーザー(EYL)を用いてコンディショニングし、グループIIIおよびグループIVの試料の象牙質表面は、キャビティコンディショナーおよびK930を用いてコンディショニングした。同様に,V群およびVI群の試料は,17%EDTAおよびトータルエッチを用いて表面処理を行った.すべてのサンプルは、コンディショニングレジームに続いてRMGICで接着された。SBS試験のために、サンプルを万能試験機に入れた。デボンドされた表面の破壊分析を、40倍の倍率で実体顕微鏡を用いて評価した。平均値と標準偏差(SD)は、分散分析(ANOVA)とTukeyの検定を用いて、<0.05の有意水準で計算した。

MATERIALS AND METHODS: Sixty non-carious intact maxillary molars were cleaned, isolated, and randomly divided into six groups ( = 10). Before randomization, the dentin surface was exposed and finished. Samples in group I were conditioned using Er,Cr:YSGG laser (ECYL). Specimens in group II were conditioned using Er:YAG laser (EYL), and the dentin surfaces of specimens in group III and group IV were conditioned using cavity conditioner and K930. Similarly, the samples in group V and group VI were surface treated using 17% EDTA and total etch. All samples were bonded with RMGIC following conditioning regime. For SBS testing, the samples were placed in universal testing machine. A fracture analysis of debonded surfaces was evaluated using stereomicroscope at 40× magnification. Means and standard deviations (SDs) were calculated using analysis of variance (ANOVA) and Tukey's test at a significant level of < 0.05.

結果:

最大接着強度の値は、グループVIのトータルエッチング(23.85±3.67)で観察された。最も低い結合強度は、EYLでコンディショニングされたレーザー象牙質群II(11.65±2.77)で示された。ECYL、キャビティコンディショナー、K930コンディショナー、および17%エチレンジアミン四酢酸(EDTA)でコンディショニングされた象牙質は、同等であり、>0.05であることがわかった。凝集破壊は実験群間で優勢であった.

RESULTS: The maximum bond strength values were observed in group VI total etch (23.85 ± 3.67). The lowest bond strength was displayed in laser dentin group II conditioned by EYL (11.65 ± 2.77). Dentin conditioned with ECYL, cavity conditioner, K930 conditioner, and 17% ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA) were found to be comparable, > 0.05. Cohesive failure was dominant among experimental groups.

結論:

Er,Cr:YSGGレーザーは、RMGIC適用前の象牙質コンディショニングに推奨される可能性がある。

CONCLUSION: Er,Cr:YSGG laser has a potential to be recommended for dentin conditioning prior to application of RMGIC.

臨床的意義:

歯質コンディショニングはRMGICの接着性を向上させ、予後と治療成績を向上させることができた。

CLINICAL SIGNIFICANCE: Dentin conditioning enhances adhesion of RMGIC for improved prognosis and treatment outcome.