国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

妊娠中の羊におけるフェンタニル経皮投与とブプレノルフィン筋肉内投与の鎮痛効果と胎児への影響を比較した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Vet. Res..2020 Jul;81(7):581-593. doi: 10.2460/ajvr.81.7.581.

妊娠中の羊におけるフェンタニル経皮投与とブプレノルフィン筋肉内投与の鎮痛効果と胎児への影響を比較した

Comparison of analgesic efficacy and fetal effects between transdermal administration of fentanyl and intramuscular administration of buprenorphine in pregnant sheep.

  • Ashley L Padgett
  • Mauricio L Lepiz
  • Evelyn E Mackay
  • Austin J Driskill
  • Ivan V Ivanov
  • Virginia R Fajt
  • Megan M Konarik
  • Travis P Mays
  • Shannon E Washburn
PMID: 32584185 DOI: 10.2460/ajvr.81.7.581.

抄録

目的:

妊娠中の羊を対象としたフェンタニル経皮投与とブプレノルフィン単回投与の鎮痛効果と胎児への影響を比較する。

OBJECTIVE: To compare analgesic efficacy and fetal effects between transdermal administration of fentanyl and IM administration of buprenorphine in pregnant sheep.

動物:

12頭の健康な妊娠雌牛を使用しました。

ANIMALS: 12 healthy pregnant ewes.

手続き:

試験開始前に、各雌豚は妊娠 113 日から 117 日の間に 1 頭の胎児を妊娠していることを確認した。ブプレノルフィン(0.01 mg/kg, IM, 8時間、麻酔導入1時間前から48時間、1回8時間)またはフェンタニル(フェンタニル/kg/hを2μg投与するのに十分な量の経皮吸収型フェンタニルパッチの組み合わせで、麻酔導入24時間前に肩甲骨背縁間に貼付した;6)を投与する雌豚を無作為に割り付けた。胎児に麻酔をかけ、動脈カテーテルで胎児を留置し、羊水サンプルを採取するために子宮内にカテーテルを留置する外科手術を行った。生理的変数と疼痛を示す行動変化を評価し、羊水と血液サンプルを子豚と胎児から採取し、所定の時間に薬物濃度を測定した。

PROCEDURES: Before study initiation, each ewe was confirmed pregnant with a single fetus between 113 and 117 days of gestation. Ewes were randomly assigned to receive buprenorphine (0.01 mg/kg, IM, q 8 h for 48 hours beginning 1 hour before anesthesia induction; n = 6) or fentanyl (a combination of transdermal fentanyl patches sufficient to deliver a dose of 2 μg of fentanyl/kg/h applied between the dorsal borders of the scapulae 24 hours before anesthesia induction; 6). Ewes were anesthetized and underwent a surgical procedure to instrument the fetus with an arterial catheter and place a catheter in utero for collection of amniotic fluid samples. Physiologic variables and behavioral changes indicative of pain were assessed, and amniotic fluid and blood samples from ewes and fetuses were collected for determination of drug concentrations at predetermined times.

結果:

両方のプロトコルは、雌牛や胎児に観察された副作用がなく、許容可能な術後鎮痛を提供しています。ブプレノルフィンプロトコールと比較して、フェンタニルプロトコールでは、より深い鎮痛効果が得られ、手術中のイソフルランの必要性が減少し、麻酔の回復時間が短縮されました。胎児の指標は2つの鎮痛プロトコル間で有意な差はなかった。

RESULTS: Both protocols provided acceptable postoperative analgesia with no adverse effects observed in the ewes or fetuses. Compared with the buprenorphine protocol, the fentanyl protocol induced more profound analgesia, decreased the requirement for isoflurane during surgery, and was associated with a shorter anesthesia recovery time. Fetal indices did not differ significantly between the 2 analgesic protocols.

結論と臨床的意義:

結果は、どちらのプロトコルも許容可能な鎮痛を提供することが示された。しかし、フェンタニルプロトコールは、誘発された鎮痛の程度、吸入による鎮痛効果、麻酔の回復時間の点で優れていた。

CONCLUSIONS AND CLINICAL RELEVANCE: Results indicated that both protocols provided acceptable analgesia. However, the fentanyl protocol was superior in regard to the extent of analgesia induced, inhalant-sparing effects, and anesthesia recovery time.