会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

α-テルピネオールとβ-シクロデキストリンの複合体はラットの歯周炎による損傷を減少させた。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Periodont. Res..2020 Jun;doi: 10.1111/jre.12780.Epub 2020-06-25.

α-テルピネオールとβ-シクロデキストリンの複合体はラットの歯周炎による損傷を減少させた。

Alpha-terpineol complexed with beta-cyclodextrin reduces damages caused by periodontitis in rats.

  • Any Carolina Cardoso Guimarães Vasconcelos
  • Daniel Fernando Pereira Vasconcelos
  • Felipe Rodolfo Pereira da Silva
  • Luiz Felipe de Carvalho França
  • Even Herlany Pereira Alves
  • David Di Lenardo
  • Larissa Dos Santos Pessoa
  • Hélio Mateus Silva Nascimento
  • André Dos Santos Carvalho
  • Francisca Beatriz de Melo Sousa
  • André Luiz Dos Reis Barbosa
  • Jand-Venes Rolim Medeiros
  • Pedro Duarte Novaes
  • Flávia Sammartino Mariano
  • Bruno Dos Santos Lima
  • Adriano Antunes de Souza Araujo
  • Lucindo José Quintans Júnior
  • Aldeídia Pereira de Oliveira
PMID: 32583890 DOI: 10.1111/jre.12780.

抄録

背景と目的:

本研究は、リガチャー誘発性歯周炎におけるα-テルピネオール(αTPN)とβ-シクロデキストリン(βCD)の複合体治療の口腔内、血液、肝機能パラメータに対する有効性を評価することを目的とした。

BACKGROUND AND OBJECTIVE: This study aimed to assess the effectiveness of the treatment with alpha-terpineol (αTPN) complexed with beta-cyclodextrin (βCD) on oral, blood, and hepatic parameters in ligature-induced periodontitis.

材料と方法:

雌ラット40匹を、コントロール(ビヒクル溶液)、歯周炎(リガチャー"Zs_A0"+"Zs_A0"vehicle溶液)、αTPN-βCD(リガチャー)5"Zs_A0"mg/kg、αTPN-βCD(リガチャー)25"Zs_A0"mg/kgの各群に振り分けた。化合物は毎日腹腔内注射で20日間投与した。各ラットの第一下顎臼歯周囲にリガチャーを両側から挿入して歯周炎を誘導した。口腔内パラメータおよび血液バイオマーカーを測定した。

MATERIAL AND METHODS: Forty female rats were distributed among the following groups: control (vehicle solution), periodontitis (ligature + vehicle solution), 5 mg/kg of αTPN-βCD (ligature), and 25 mg/kg of αTPN-βCD (ligature). Compounds were administered daily via intraperitoneal injection over a 20-day period. Periodontitis was induced with the bilateral insertion of ligatures around the first lower molars of each rat. Oral parameters, as well as blood biomarkers, were measured: histopathological assessment of the hepatic tissue was carried out using light and transmission electron microscopy.

結果:

αTPN-βCDの投与により、歯周炎ラットと比較して、いくつかの口腔内パラメータおよび血液バイオマーカーが有意に改善された。また,αTPN-βCDの投与は,歯周炎ラットの肝細胞におけるステアトーシススコアを有意に改善し,脂質滴の数と泡状細胞質の量を減少させた.

RESULTS: The treatment with αTPN-βCD significantly improved several oral parameters and blood biomarkers in comparison with rats with periodontitis. In addition, the treatment with αTPN-βCD significantly ameliorated the steatosis score and reduced the number of lipid droplets and the amount of foamy cytoplasm in the hepatocytes of rats with periodontitis.

結論:

得られた結果から、αTPN-βCDによる治療は、実験的歯周炎ラットにおいて、いくつかの口腔内パラメータおよび血液パラメータを改善することが示唆された。また,αTPN-βCDを投与したラットでは,歯周炎による肝機能の変化が改善された.

CONCLUSION: The results obtained suggest that the treatment with αTPN-βCD improves several oral and blood parameters in rats with experimental periodontitis. In addition, hepatic alterations caused by periodontitis were ameliorated in the rats treated with αTPN-βCD.

© 2020 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd.