国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

治療後初期の唾液分泌率に及ぼす放射性ヨード治療の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Coll Physicians Surg Pak.2020 May;30(5):490-492. 040579197. doi: 10.29271/jcpsp.2020.05.490.

治療後初期の唾液分泌率に及ぼす放射性ヨード治療の影響

Effect of Radioactive Iodine Treatment on Saliva Rate in the Early Post-treatment Period.

  • Taner Demirci
  • Ceyhun Varim
  • Ayse Demirci
  • Mahmut Apaydin
  • İlknur Öztürk Uysal
  • Mustafa Ozbek
PMID: 32580844 DOI: 10.29271/jcpsp.2020.05.490.

抄録

目的:

治療後初期の唾液産生率に対する放射性ヨード治療(131I)の効果を調査する。

OBJECTIVE: To investigate the effects of radioactive iodine therapy (131I) on saliva production rate in the early post-treatment period.

研究デザイン:

記述的、分析的研究。場所と期間ofStudy。2017年1月から12月までの間、トルコのアンカラDiskapi Yildirim Beyazit研究教育病院、アンカラ、内分泌科。

STUDY DESIGN: Descriptive, analytical study. Place and Duration of Study: Department of Endocrinology, Ankara Diskapi Yildirim Beyazit Research and Education Hospital, Ankara, Turkey from January to December 2017.

方法:

甲状腺全摘出術後に放射性ヨウ素治療を受けた40人の患者がこの研究に含まれていた。刺激と非刺激の唾液レベルは、スケーリングと滅菌プラスチックチューブを使用して、治療前と治療後に測定されました。

METHODOLOGY: A total of 40 patients, who received radioactive iodine therapy after total thyroidectomy, were included in the study. Stimulated and unstimulated saliva levels were measured before and after treatment, using a scaled and sterile plastic tube.

結果:

試験群は男性3名(7.5%)、女性37名(92.5%)で、平均年齢は44.15±10.2歳(範囲26~66歳)であった。RAI治療前後の非刺激性唾液の中央値はそれぞれ2.0ml/分(1.13-2.88)、2.0ml/分(1.63-4.00)であり、その差は統計学的に有意ではなかった(p=0.11)。同様に、RAI処理前後の刺激唾液の中央値にも統計的に有意な差は認められなかった(中央値=7.0ml/分および7.5ml/dk、それぞれ;p=0.88)。

RESULTS: The study group was comprised of three males (7.5%) and 37 females (92.5%) with a mean age of 44.15 ±10.2 years (range 26-66 years). The median values of all non-stimulated saliva before and after RAI treatment were 2.0 ml / minute (1.13-2.88) and 2.0 ml / minute (1.63-4.00), respectively; and the difference was not statistically significant (p=0.11). Similarly, there were no statistically significant differences in the median values of stimulated saliva before and after RAI treatment (median=7.0 ml/min and 7.5 ml/dk, respectively; p=0.88).

結論:

放射性ヨウ素治療は唾液腺炎を起こさず,治療後初期の唾液分泌率にも影響を与えなかった.キーワード。放射性ヨード,刺激された唾液,刺激されていない唾液.

CONCLUSION: Radioactive iodine treatment did not cause sialadenitis and did not affect the saliva production rates in the early post-treatment period. Key Words: Radioactive iodine, Stimulated saliva, Unstimulated saliva.