国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

前立腺がん治療の新たなフロンティア。新規薬剤との薬物併用の準備はできているか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cells.2020 Jun;9(6). E1522. doi: 10.3390/cells9061522.Epub 2020-06-22.

前立腺がん治療の新たなフロンティア。新規薬剤との薬物併用の準備はできているか?

New Frontiers in Prostate Cancer Treatment: Are We Ready for Drug Combinations with Novel Agents?

  • Gaetano Aurilio
  • Alessia Cimadamore
  • Matteo Santoni
  • Franco Nolè
  • Marina Scarpelli
  • Francesco Massari
  • Antonio Lopez-Beltran
  • Liang Cheng
  • Rodolfo Montironi
PMID: 32580469 PMCID: PMC7349416. DOI: 10.3390/cells9061522.

抄録

転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)患者の治療は、非特異的な臨床的アプローチからゲノミクスを重視した治療へと進歩的に進化してきている。実際、科学界では、単剤治療としても併用治療戦略としても、DNA損傷修復(DDR)欠陥駆動型の新規分子の開発にますます力を入れています。したがって、異なる経路、例えば、アンドロゲン受容体シグナル伝達(ARS)およびポリ(アデノシン二リン酸[ADP]-リボース)ポリメラーゼ(PARP)酵素、免疫チェックポイント(IC)およびPARP、ICおよびARS、ならびに前立腺特異的膜抗原(PSMA)を標的とした複合薬物療法の研究が進行中である。ここでは、mCRPC患者の進化する治療パラダイムを策定するために、特にPARP阻害剤、IC阻害剤、PSMA阻害剤を中心とした新興分子による治療を受けている患者の臨床研究を選択しました。近い将来、ルーチンの臨床治療に転用される可能性が最も高い分子と薬剤の組み合わせに焦点を当てるために、現在患者を募集している臨床研究のみを選択した。キーワード「前立腺がん」「転移性去勢抵抗性前立腺がん」「DDR経路」「ARS阻害剤」「PARP阻害剤」「IC阻害剤」「PSMA阻害剤」「薬剤の組み合わせ」を中心にPubMed検索を行った。

Medical treatment for metastatic castration-resistant prostate cancer (mCRPC) patients has progressively been evolving from a nonspecific clinical approach to genomics-oriented therapies. The scientific community is in fact increasingly focusing on developing DNA damage repair (DDR) defect-driven novel molecules, both as single-agent therapy and in combined treatment strategies. Accordingly, research is under way into combined drug therapies targeting different pathways, e.g. androgen receptor signaling (ARS) and poly (adenosine diphosphate [ADP]-ribose) polymerase (PARP) enzymes, immune checkpoint (IC) and PARP, IC, and ARS, and prostate-specific membrane antigen (PSMA). In an attempt to formulate evolving treatment paradigms in mCRPC patients, here we selected clinical research into patients undergoing therapies with emerging molecules, with particular emphasis towards PARP-, IC-, and PSMA-inhibitors. In order to focus on those molecules and drug combinations most likely to be translated into routine clinical care in the near future, we selected only those clinical studies currently recruiting patients. A PubMed search focusing on the keywords "prostate cancer", "metastatic castration-resistant prostate cancer", "DDR pathways", "ARS inhibitors", "PARP inhibitors", "IC inhibitors", "PSMA-targeting agents", and "drug combinations" was performed.