会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

未就学児の咀嚼機能に及ぼす不正咬合・吸啜習慣・う蝕の影響について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Braz Oral Res.2020;34:e059. S1806-83242020000100246. doi: 10.1590/1807-3107bor-2020.vol34.0059.Epub 2020-06-19.

未就学児の咀嚼機能に及ぼす不正咬合・吸啜習慣・う蝕の影響について

The influence of malocclusion, sucking habits and dental caries in the masticatory function of preschool children.

  • Débora Souto-Souza
  • Maria Eliza Consolação Soares
  • Ednele Fabyene Primo-Miranda
  • Luciano José Pereira
  • Maria Letícia Ramos-Jorge
  • Joana Ramos-Jorge
PMID: 32578802 DOI: 10.1590/1807-3107bor-2020.vol34.0059.

抄録

本研究の目的は,未就学児の咀嚼機能における不正咬合,栄養性・非栄養性の吸啜習慣,う蝕との関連を評価することであった。3~5 歳児 384 名のサンプルを用いて横断的研究を実施した。口腔内臨床検査のために校正された一人の検者がすべての評価を行った(κ>0.82)。不正咬合の有無は、Foster and Hamilton基準を用いて記録された。咀嚼単位数と虫歯による後歯の数も記録された.保護者はインタビュー形式のアンケートに回答し、子供の栄養価の高いものとそうでないものの吸啜習慣についての質問に答えた。咀嚼機能は、Optocal試験材料を用いて評価し、咀嚼性能の中央値粒子径、嚥下閾値、嚥下閾値中の咀嚼回数に基づいて評価した。データ解析には単純回帰分析と重回帰分析を用い、信頼度は95%とした。サンプルは、不正咬合群の206人と非不正咬合群の178人の子供で構成されていました。重回帰分析では、咀嚼能力は年齢(p = 0.025)、哺乳瓶給餌(p = 0.004)、不正咬合の有無(p = 0.048)、虫歯のある後歯の数(p = 0.030)と関連していた。嚥下閾値は、年齢(p = 0.025)、哺乳瓶給餌(p = 0.001)、後歯不正咬合(p = 0.017)と関連していた。嚥下閾値中の咀嚼サイクル数は、虫歯のある後歯の数と関連していた(p = 0.001)。結論として、後不正咬合、哺乳瓶給餌、虫歯が就学前の子どもの咀嚼機能を阻害する可能性がある。

The aim of this study was to evaluate the association of malocclusion, nutritive and non-nutritive sucking habits and dental caries in the masticatory function of preschool children. A cross-sectional study was conducted with a sample of 384 children aged 3-5 years. A single examiner calibrated for oral clinical examinations performed all the evaluations (kappa > 0.82). Presence of malocclusion was recorded using Foster and Hamilton criteria. The number of masticatory units and of posterior teeth cavitated by dental caries was also recorded. The parents answered a questionnaire in the form of an interview, addressing questions about the child's nutritive and non-nutritive sucking habits. The masticatory function was evaluated using Optocal test material, and was based on the median particle size in the masticatory performance, on the swallowing threshold, and on the number of masticatory cycles during the swallowing threshold. Data analysis involved simple and multiple linear regression analyses, and the confidence level adopted was 95%. The sample consisted of 206 children in the malocclusion group and 178 in the non-malocclusion group. In the multiple regression analysis, the masticatory performance was associated with age (p = 0.025), bottle feeding (p = 0.004), presence of malocclusion (p = 0.048) and number of cavitated posterior teeth (p = 0.030). The swallowing threshold was associated with age (p = 0.025), bottle feeding (p = 0.001) and posterior malocclusion (p = 0.017). The number of masticatory cycles during the swallowing threshold was associated with the number of cavitated posterior teeth (p = 0.001). In conclusion, posterior malocclusion, bottle feeding and dental caries may interfere in the masticatory function of preschool children.