会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

乳がん・卵巣がんの腫瘍微小環境におけるカテプシンD | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Adv. Exp. Med. Biol..2020;1259:1-16. doi: 10.1007/978-3-030-43093-1_1.

乳がん・卵巣がんの腫瘍微小環境におけるカテプシンD

Cathepsin D in the Tumor Microenvironment of Breast and Ovarian Cancers.

  • Zahidul I Pranjol
  • Jacqueline L Whatmore
PMID: 32578168 DOI: 10.1007/978-3-030-43093-1_1.

抄録

癌は依然として世界的に主要な健康問題である。がんの早期診断、化学抵抗性、再発の欠如は、この分野で膨大な研究開発が必要とされていることを意味します。生物学的環境における腫瘍の微小環境の複雑さは、より安全で選択的で標的を絞った治療法の開発に大きな課題をもたらしている。化学療法、放射線療法、および血管新生療法などの既存の治療法は、無増悪生存期間を適度に改善するが、QOLを低下させる副作用を伴う。そのため、乳がんや卵巣がんのがん化を促進することが知られている細胞外カテプシンD(CathD)のような微小環境を標的とすることは、がん治療、特に免疫療法やナノテクノロジーを用いた治療法のような新しい治療法を用いたがん治療のブレイクスルーとなる可能性があります。本章では、CathDが腫瘍の微小環境で生物学的に機能している癌化因子、より具体的には前駆細胞化因子としてのCathDと、このタンパク質を治療的に標的とする可能性のある方法について考察する。

Cancer remains a major and leading health problem worldwide. Lack of early diagnosis, chemoresistance, and recurrence of cancer means vast research and development are required in this area. The complexity of the tumor microenvironment in the biological milieu poses greater challenges in having safer, selective, and targeted therapies. Existing strategies such as chemotherapy, radiotherapy, and antiangiogenic therapies moderately improve progression-free survival; however, they come with side effects that reduce quality of life. Thus, targeting potential candidates in the microenvironment, such as extracellular cathepsin D (CathD) which has been known to play major pro-tumorigenic roles in breast and ovarian cancers, could be a breakthrough in cancer treatment, specially using novel treatment modalities such as immunotherapy and nanotechnology-based therapy. This chapter discusses CathD as a pro-cancerous, more specifically a proangiogenic factor, that acts bi-functionally in the tumor microenvironment, and possible ways of targeting the protein therapeutically.