会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Gタンパク質共役型受容体キナーゼ2(GRK2)のリン酸化反応に基づく基質・阻害剤の設計 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Amino Acids.2020 Jun;10.1007/s00726-020-02864-x. doi: 10.1007/s00726-020-02864-x.Epub 2020-06-23.

Gタンパク質共役型受容体キナーゼ2(GRK2)のリン酸化反応に基づく基質・阻害剤の設計

Design of substrates and inhibitors of G protein-coupled receptor kinase 2 (GRK2) based on its phosphorylation reaction.

  • Jeong-Hun Kang
  • Riki Toita
  • Takahito Kawano
  • Masaharu Murata
  • Daisuke Asai
PMID: 32577910 DOI: 10.1007/s00726-020-02864-x.

抄録

G タンパク質共役型受容体キナーゼ(GRK)ファミリーは、7 つの細胞質性セリン/スレオニン(Ser/Thr)プロテインキナーゼから構成されており、その中でも GRK2 は、多くの重要な細胞プロセスに関与したり、制御したりする G タンパク質共役型受容体(GPCR)と非 GPCR 基質の両方の膨大な範囲の制御に関与しています。GRK2の機能不全は、癌、脳疾患、心血管疾患、代謝性疾患を含む複数の疾患と関連しており、したがって、GRK2が媒介する細胞機能の研究だけでなく、GRK2を標的とした薬剤開発のためにも、GRK2特異的な基質/阻害剤が必要とされています。ここでは、まず、GRK2の構造、制御、機能、およびその合成基質と阻害剤についてレビューする。また、GRK2の生理機能の基礎研究のための有望なツールとして、合成ペプチド基質・阻害剤の最近の研究成果を紹介し、臨床診断への応用の候補とする。

The G protein-coupled receptor kinase (GRK) family consists of seven cytosolic serine/threonine (Ser/Thr) protein kinases, and among them, GRK2 is involved in the regulation of an enormous range of both G protein-coupled receptors (GPCRs) and non-GPCR substrates that participate in or regulate many critical cellular processes. GRK2 dysfunction is associated with multiple diseases, including cancers, brain diseases, cardiovascular and metabolic diseases, and therefore GRK2-specific substrates/inhibitors are needed not only for studies of GRK2-mediated cellular functions but also for GRK2-targeted drug development. Here, we first review the structure, regulation and functions of GRK2, and its synthetic substrates and inhibitors. We then highlight recent work on synthetic peptide substrates/inhibitors as promising tools for fundamental studies of the physiological functions of GRK2, and as candidates for applications in clinical diagnostics.