会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

新生児低酸素性虚血性脳症に対する低体温療法時の薬物動態:文献レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMJ Paediatr Open.2020;4(1):e000685. bmjpo-2020-000685. doi: 10.1136/bmjpo-2020-000685.Epub 2020-06-15.

新生児低酸素性虚血性脳症に対する低体温療法時の薬物動態:文献レビュー

Pharmacokinetics during therapeutic hypothermia for neonatal hypoxic ischaemic encephalopathy: a literature review.

  • Isabelle Claire Lutz
  • Karel Allegaert
  • Jan N de Hoon
  • Heleen Marynissen
PMID: 32577535 PMCID: PMC7299043. DOI: 10.1136/bmjpo-2020-000685.

抄録

背景:

周産期の窒息による新生児低酸素性虚血性脳症は、重度の神経発達障害または死亡率をもたらす可能性がある。低体温療法は、現在のところ唯一証明されている神経保護的介入である。低体温の間、新生児は特定の薬物動態プロファイルを持つ様々な薬物を必要とすることがある。本論文の目的は、低酸素性虚血性脳症の新生児に対する低体温療法が薬物動態に及ぼす影響と、投与レジメンにどの程度の調整が必要かを明らかにすることである。

Background: Neonatal hypoxic ischaemic encephalopathy due to perinatal asphyxia, can result in severe neurodevelopmental disability or mortality. Hypothermia is at present the only proven neuroprotective intervention. During hypothermia, the neonate may need a variety of drugs with their specific pharmacokinetic profile. The aim of this paper is to determine the effect that hypothermia for neonates suffering from hypoxic ischaemic encephalopathy has on the pharmacokinetics and to what extent dosing regimens need adjustments.

方法:

PubMed、Embase、Cochrane Library of literature(2000~2020 年)を対象に、以下の検索語句を組み合わせて系統的検索を行った:therapeutic hypothermia、neonate、hypoxic ischemic encephalopathy、pharmacokinetics。タイトルと抄録をスクリーニングし、除外・包含基準を適用した。最後に、関連するフルテキストを読み、特定された論文に二次的包含を適用した。

Method: A systematic search was performed on PubMed, Embase and Cochrane Library of literature (2000-2020) using a combination of the following search terms: therapeutic hypothermia, neonate, hypoxic ischemic encephalopathy and pharmacokinetics. Titles and abstracts were screened, and inclusion/exclusion criteria were applied. Finally, relevant full texts were read, and secondary inclusion was applied on the identified articles.

結果:

総計380件の論文が検索され、除外・包含基準を適用した後に34件の論文が含まれたが、査読者の提案により2件の論文が追加で含まれた。15化合物に関する36件の研究のうち12件でクリアランスの有意な低下が認められたが、その程度は排泄経路や化合物によって異なり、低体温時の腎排泄(フェノバルビタールは差がなく、代謝物であるミダゾラムは-21%、リドカインは-24%、モルヒネは-21~-47%、ゲンタマイシンは-25~-35%、アミカシンは-40%)で最も顕著であった。文献から得られたデータをオランダの小児科処方箋に記載されている投与レジメンと比較した。

Results: A total of 380 articles were retrieved, and 34 articles included after application of inclusion/exclusion criteria and duplicate removal, two additional papers were included as suggested by the reviewers. Twelve out of 36 studies on 15 compounds demonstrated a significant decrease in clearance, be it that the extent differs between routes of elimination and compounds, most pronounced for renal elimination (phenobarbital no difference, midazolam metabolite -21%, lidocaine -24%; morphine -21% to -47%, gentamicin -25% to -35%, amikacin -40%) during hypothermia. The data as retrieved in literature were subsequent compared with the dosing regimen as stated in the Dutch paediatric formulary.

結論:

低酸素性虚血性脳症の新生児における治療用低体温療法は薬物動態に影響を及ぼすことが示唆された。

Conclusion: Depending on the drug-specific disposition characteristics, therapeutic hypothermia in neonates with hypoxic ischaemic encephalopathy affects pharmacokinetics.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.