国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ローズマリーハーブの組成と油質に及ぼす乾燥の影響,Linn | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Molecules.2020 Jun;25(12). E2830. doi: 10.3390/molecules25122830.Epub 2020-06-19.

ローズマリーハーブの組成と油質に及ぼす乾燥の影響,Linn

Drying Induced Impact on Composition and Oil Quality of Rosemary Herb, Linn.

  • Hamdoon A Mohammed
  • Mohsen S Al-Omar
  • Salman A A Mohammed
  • Mohamed S A Aly
  • Abdulmalik N A Alsuqub
  • Riaz A Khan
PMID: 32575415 DOI: 10.3390/molecules25122830.

抄録

ハーブの自然乾燥は、その揮発性油の品質と収量に大きな影響を与えており、ここで初めて報告された。新鮮なハーブ、1週間、2週間、および3週間乾燥させたハーブから水素化蒸留して得られた油をガスクロマトグラフィー-質量分析法(GC-MS)およびガスクロマトグラフィー-火炎イオン化検出器(GC-FID)で分析したところ、収率は198±3.45、168.7 ± 5.11、および 97.8 ± 1.27 mg であり、1 週間乾燥ハーブ油の収量 327 ± 5.91 mg の内部参照基準と比較して、収量はそれぞれ 198 &#xB1; 3.45、168.7 ± 5.11、および 97.8 ± 1.27 mg であった。主な成分である樟脳は 20.96%から 13.84%へと著しく減少し、一方で酢酸ボルニルの収量は 3 週間の乾燥で 1.42%から 12.46%(値 < 0.0001)へと増加し、乾燥中にオイル内で行われている酸化還元プロセスを反映しています。1週間乾燥させたハーブのオイルには、新鮮なオイル、2週間乾燥させたオイル、3週間乾燥させたオイルに比べて、いくつかの成分(25)が含まれており、それぞれ23、19、14の成分から構成されていた。DPPH(2, 2-ジフェニル-1-ピクリル-ヒドラジル)反応性は、2週間と3週間乾燥させたハーブ系オイルで最も高く、次いで1週間乾燥させたハーブ系オイルと生ハーブ系オイルが最も高かった(<0.0001)ことから、ハーブの乾燥中に大きな化学変化が起こり、異なる乾燥時間を経て得られたこれらのオイルの自由ラジカル消去能に影響を与えていることが再び示された。

The natural drying of Linn. herbs severely affects its volatile oil quality and yields, which is reported here for the first time. The oils obtained through hydrodistillation from fresh, one, two, and three-weeks dried herbs were analyzed by gas chromatography-mass spectroscopy (GC-MS) and gas chromatography-flame ionization detector (GC-FID), and the yields were 198 ± 3.45, 168.7 ± 5.11, and 97.8 ± 1.27 mg, respectively, as compared to the internal referral standard of 327 ± 5.91 mg yield of the one-week dried herbs' oil. Camphor, the major constituent, significantly depleted from 20.96% to 13.84%, while bornyl acetate yields increased from 1.42% to 12.46% ( values < 0.0001) in three-weeks drying, reflecting the redox processes undergoing within the oil during drying. Several constituents (25) were found in one-week dried herbs' oil as compared to the fresh, two-, and three-weeks oils, which consisted of 23, 19, and 14 constituents, respectively, leading to the recommendation of the one-week drying of the herb for maximum oil yield. The DPPH (2, 2-diphenyl-1-picryl-hydrazyl) reactivity was highest for the two- and three-weeks dried herb-based oils, followed by the one-week dried- and fresh-herb-based oils ( < 0.0001), again indicating major chemical changes during herbs' dryings, affecting the free-radical scavenging capacity of these batches of oils obtained after different drying times.