国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

高気圧酸素と集中リハビリテーションプログラム.脳卒中後の上肢運動機能改善のためのフィージビリティスタディ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Appl Physiol Nutr Metab.2020 Jun;doi: 10.1139/apnm-2020-0124.Epub 2020-06-23.

高気圧酸素と集中リハビリテーションプログラム.脳卒中後の上肢運動機能改善のためのフィージビリティスタディ

Hyperbaric Oxygen and Focused Rehabilitation Program: A Feasibility Study in Improving Upper Limb Motor Function After Stroke.

  • Simone Schiavo
  • Denyse Richardson
  • Daniel Santa Mina
  • Stephanie Buryk-Iggers
  • Julie Uehling
  • Jo Carroll
  • Hance Clarke
  • Carine Djaiani
  • Maxim Gershinsky
  • Rita Katznelson
PMID: 32574506 DOI: 10.1139/apnm-2020-0124.

抄録

脳卒中後の神経可塑性と回復は、高気圧酸素療法(HBOT)だけでなく、上肢運動機能運動とメンタルイメージ(EMI)に関連したリハビリテーションプログラムによっても向上する可能性がある。我々は、HBOTとEMIの両方を利用した複合的なアプローチの実現可能性と安全性を評価し、その有効性の予備的な推定を行った。この無作為化比較試験では、脳卒中後3~48ヵ月後に上肢片麻痺を呈した27人の患者を対象に、補完的リハビリテーションプログラムであるHBOT-EMI(介入群)とEMI単独(対照群)のいずれかに無作為に割り付けた。実現可能性と安全性は、セッションの総出席数、セッションの持続時間、離脱率、欠落データ、介入に関連した有害事象として評価した。二次臨床転帰は、ベースライン、8週目(治療終了)、12週目のフォローアップ時に、客観的なツールと自己報告の両方を用いて評価した。セッションの出席率、期間、離脱率は群間で差がなかった;重篤な有害事象はなかった。ベースラインと比較して、介入群では客観的および主観的アウトカムの測定値に有意な持続的改善がみられ、対照群では客観的測定値に1つの改善がみられた。グループ間のアウトカムの比較は統計的に有意ではなかった。本研究は、慢性脳卒中から回復した患者において、HBOT-EMIの併用が安全で実行可能なアプローチであることを示した。また、治療後に患部上肢の運動機能が改善する傾向がみられた。登録-URL:https://www.clinicaltrials.com NCT02666469.慢性脳卒中患者を対象としたHBOTと上肢運動およびメンタルイメージリハビリテーションプログラムの併用は、実行可能で安全である。- この組み合わせによるアプローチは、機能回復の改善傾向を示した。

Neuroplasticity and recovery after stroke can be enhanced by a rehabilitation program pertinent to upper limb motor function exercise and mental imagery (EMI) as well as hyperbaric oxygen therapy (HBOT). We assessed the feasibility and safety of the combined approach utilizing both HBOT and EMI, and derived preliminary estimates of its efficacy. In this randomized controlled trial, twenty-seven patients with upper extremity hemiparesis 3-48 months after stroke were randomized to receive either a complementary rehabilitation program HBOT-EMI (intervention group), or EMI alone (control group). Feasibility and safety were assessed as total session attendance, duration of sessions, attrition rates, missing data, and intervention-related adverse events. Secondary clinical outcomes were assessed with both objective tools and self-reported measures at baseline, 8 weeks (end of treatment), and 12-weeks follow-up. Session attendance, duration and attrition rate did not differ between the groups; there were no serious adverse events. Compared to baseline, there were significant sustained improvements of objective and subjective outcomes' measures in the intervention group, and a single improvement in an objective measure in the control group. Between-group outcome comparisons were not statistically significant. This study demonstrated that the combination HBOT-EMI was a safe and feasible approach in patients recovering from chronic stroke. There were also trends for improved motor function of the affected upper limb after the treatments. Registration-URL:https://www.clinicaltrials.com NCT02666469. NOVELTY: - HBOT combined with an upper limb exercise and mental imagery rehabilitation program is feasible and safe in chronic stroke patients. - This combined approach showed trends for improved functional recovery.