国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

関節リウマチのまれな変形としての重度の破壊的片側性手首関節炎:臨床および画像診断の特徴の解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin. Exp. Rheumatol..2020 Jun;:. 15392. Epub 2020-06-23.

関節リウマチのまれな変形としての重度の破壊的片側性手首関節炎:臨床および画像診断の特徴の解析

Severely destructive unilateral wrist arthritis as a rare variant of rheumatoid arthritis: analysis of clinical and imaging features.

  • Viktor Korendovych
  • Julius Fleischhammer
  • Björn Tampe
  • Elena Nikiphorou
  • Radovan Vasko
  • Gerhard A Müller
  • Peter Korsten
PMID: 32573416

抄録

目的:

関節リウマチ(RA)は、一般的に関節に対称的に影響を与える自己免疫疾患である。少数の患者が片側性で重度の破壊性手首関節炎(DWA)を発症する。我々の研究の目的は、このタイプの疾患を持つ患者の特徴を明らかにすることであった。

OBJECTIVES: Rheumatoid arthritis (RA) is a common autoimmune disease typically affecting joints symmetrically. A small number of patients develop unilateral and severely destructive wrist arthritis (DWA). The objective of our study was to characterise patients with this type of affection.

方法:

RF/抗CCP抗体陽性のRA患者を対象としたレトロスペクティブコホート研究である。年齢、性別、疾患期間、手先の器用さ、職業歴、喫煙状況、DMARDsの処方回数などの臨床的特徴を記録した。従来のレントゲン写真は、修正されたSharp/van der Heijdeスコアリング(mSS)法を用いて評価した。

METHODS: This was a retrospective cohort study of RA patients with positive RF/anti-CCP antibodies. Clinical characteristics, including, age, gender, disease duration, dexterity, occupational history, smoking status, and the number of prescribed DMARDs were recorded. Conventional radiographs were evaluated using the modified Sharp/van der Heijde scoring (mSS) method.

結果:

我々は1247人の患者の検査データベースを分析し、臨床診断でRAと診断された559人の患者を同定した。そのうち395人の患者については、手のX線写真が評価に利用可能であった。25人の患者が広範囲の片側性DWAを有しており、有病率は6.3%(395人中25人)であった。11人の患者はデータが不完全であったため除外された。残りの14人の患者のうち、13人は女性で、年齢中央値は61歳(33~83歳)、罹患期間中央値は18歳(1~33歳)であった。11人中8人(72.7%)が喫煙者であり、3人は喫煙状況が不明であった。手先の器用さがわかっている患者の80%が利き手の片側性DWAを発症していた。総mSS値は、罹患側が非罹患側(13、IQR 3-23)に比べて有意に高かった(39、四分位間値範囲35.25-46.25)。手根骨をスコアリングから除外した場合、MSSに差はなかった。手根骨の側方(左手 vs. 右手)、利き手 vs. 非利き手では、MSSの違いは認められなかった。

RESULTS: We analysed our laboratory database of 1247 patients and identified 559 patients with a clinical diagnosis of RA. For 395 of the patients, radiographs of the hands were available for evaluation. 25 patients had extensive unilateral DWA, corresponding to a prevalence of 6.3% (25 of 395 patients). 11 patients were excluded due to incomplete data. Of the remaining 14 patients, 13 were female with a median age of 61 (33-83) years, and median disease duration of 18 (1-33) years. 8 of 11 (72.7%) patients were smokers; in three, smoking status was not known. 80% with known dexterity developed unilateral DWA in the dominant hand. Total mSS was significantly higher on the affected side (39, interquartile range 35.25-46.25) versus non-affected (13, IQR 3-23). MSS were not different if the carpal bones were excluded from scoring. Side of involvement (left vs. right), or dominant versus non-dominant hand, did not result in a different mSS.

結論:

片側性DWAは、主に喫煙者の女性が罹患する稀なRAの変種である。

CONCLUSIONS: Unilateral DWA is a rare variant of RA which predominantly affects women who smoke.