会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

LncRNA UCA1は、β-カテニン/TCF-4を制御することで、子宮頸がん細胞の増殖とアポトーシスを抑制する。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Rev Med Pharmacol Sci.2020 Jun;24(11):5963-5969. 21489. doi: 10.26355/eurrev_202006_21489.

LncRNA UCA1は、β-カテニン/TCF-4を制御することで、子宮頸がん細胞の増殖とアポトーシスを抑制する。

LncRNA UCA1 inhibits proliferation and promotes apoptosis of cervical cancer cells by regulating β-catenin/TCF-4.

  • D-M Duan
  • L Zhang
  • F Hua
PMID: 32572909 DOI: 10.26355/eurrev_202006_21489.

抄録

目的:

本研究の目的は、長鎖非コードリボ核酸(lncRNA)尿路上皮癌抗原1(UCA1)がHeLa細胞の増殖とアポトーシスに及ぼす制御効果を探り、その潜在的な制御機構を解明することであった。

OBJECTIVE: The aim of this study was to explore the regulatory effect of long non-coding ribonucleic acid (lncRNA) urothelial carcinoma antigen 1 (UCA1) on the proliferation and apoptosis of HeLa cells and to elucidate its potential regulatory mechanism.

材料および方法:

HeLa細胞をインビトロ培養し、ブランクコントロール群(Control群)、lncRNA UCA1ネガティブコントロール群(NC群)、およびlncRNA UCA1干渉群[lncRNA UCA1 small interfering RNA(siRNA)群]の3群に無作為に分けた。HeLa細胞におけるlncRNA UCA1の発現量は、定量的逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(qRT-PCR)により検出した。メチルチアゾリルテトラゾリウム(MTT)アッセイを行い、lncRNA UCA1がHeLa細胞の増殖に及ぼす影響を調べた。HeLa細胞のアポトーシスに対するlncRNA UCA1の効果は、Hoechst 33258染色アッセイおよびフローサイトメトリーにより決定した。さらに、qRT-PCRおよびウェスタンブロッティングを用いて、HeLa細胞におけるβ-カテニンおよびTCF-4のメッセンジャーRNA(mRNA)およびタンパク質発現レベルをそれぞれ測定した。

MATERIALS AND METHODS: HeLa cells were cultured in vitro and randomly divided into three groups, including blank control group (Control group), lncRNA UCA1 negative control (NC) group, and lncRNA UCA1 interference group [lncRNA UCA1 small interfering RNA (siRNA) group]. The expression level of lncRNA UCA1 in HeLa cells was detected by quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction (qRT-PCR). Methyl thiazolyl tetrazolium (MTT) assay was performed to determine the effect of lncRNA UCA1 on the proliferation of HeLa cells. The effect of lncRNA UCA1 on the apoptosis of HeLa cells was determined via Hoechst 33258 staining assay and flow cytometry. In addition, qRT-PCR and Western blotting were employed to measure the messenger RNA (mRNA) and protein expression levels of β-catenin and TCF-4 in HeLa cells, respectively.

結果:

HeLa細胞の増殖およびアポトーシス、ならびにHeLa細胞のβ-カテニンおよびTCF-4のmRNAおよびタンパク質レベルには、コントロール群とlncRNA UCA1 NC群との間に統計的に有意な差は見られなかった(p>0.05)。lncRNA UCA1 NC群と比較して、lncRNA UCA1 siRNA群はHeLa細胞の増殖をあからさまに減少させ、アポトーシスを増加させ、HeLa細胞のβ-カテニンおよびTCF-4のmRNAおよびタンパク質レベルを低下させた(p<0.05)。

RESULTS: There were no statistically significant differences in the proliferation and apoptosis of HeLa cells as well as the mRNA and protein levels of β-catenin and TCF-4 in HeLa cells between Control group and lncRNA UCA1 NC group (p>0.05). In comparison with lncRNA UCA1 NC group, lncRNA UCA1 siRNA group exhibited overtly reduced proliferation, enhanced apoptosis rate of HeLa cells and down-regulated mRNA and protein levels of β-catenin and TCF-4 in HeLa cells (p<0.05).

結論:

LncRNA UCA1は、HeLa細胞の増殖を抑制し、アポトーシスを促進する。さらに、その作用機序は、β-カテニン/TCF-4シグナル伝達経路の阻害と関連している可能性がある。

CONCLUSIONS: LncRNA UCA1 inhibits proliferation and promotes the apoptosis of HeLa cells. Furthermore, its mechanism of action may be related to the inhibition on the β-catenin/TCF-4 signaling pathway.