国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

免疫チェックポイント阻害薬投与中の肺がん患者。皮膚科的毒性のメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Crit. Rev. Oncol. Hematol..2020 Aug;152:102983. S1040-8428(20)30121-9. doi: 10.1016/j.critrevonc.2020.102983.Epub 2020-05-17.

免疫チェックポイント阻害薬投与中の肺がん患者。皮膚科的毒性のメタアナリシス

Patients with lung cancer undergoing immune checkpoint inhibitors: A meta-analysis of dermatological toxicities.

  • Náthali Felícia Mineiro Dos Santos Garrett
  • Ana Cristina Carvalho da Costa
  • Giovanni Damiani
  • Christiane Inocêncio Vasques
PMID: 32570149 DOI: 10.1016/j.critrevonc.2020.102983.

抄録

免疫チェックポイント阻害薬は、進行性肺癌治療の標準治療として肯定されている。免疫チェックポイント阻害薬は、単独または併用で有効性が証明されているにもかかわらず、いくつかの免疫介在性の皮膚有害事象を誘発する可能性がある。本システマティックレビューは、免疫チェックポイント阻害薬の単独、併用、または化学療法や放射線療法との併用を受けた肺がん患者における皮膚毒性の有病率を明らかにすることを目的とした。検索はCINAHL、Cochrane CENTRAL、LILACS、LILIVO、PubMed、Scopus、Web of Scienceで行った。免疫チェックポイント阻害薬による治療中に患者が呈する皮膚毒性を記載した臨床試験と観察研究の両方を対象とした。最終的なサンプルは24件の研究で構成され、9127人の患者が評価された。対象となった研究では、イピリムマブ、ペムブロリズマブ、ニボルマブ、アテゾリズマブがそれぞれ異なる用量で投与されていました。最も多かった皮膚毒性は、脱毛症(27%)、そう痒症、発疹(10%)であった。驚くべきことに、脱毛症、そう痒症、発疹の重症度はいずれも1-2段階であった。

Immune checkpoint inhibitors are affirming as standard care for advanced lung cancer treatment. Despite their proved efficacy, alone or in combination, they are capable to provoke several cutaneous immune-mediated adverse events. This systematic review aimed to determine the prevalence of cutaneous toxicity in patients with lung cancer undergoing immune checkpoint inhibitors alone, combined, or associated with chemotherapy and/or radiotherapy. The searches were performed in CINAHL, Cochrane CENTRAL, LILACS, LILIVO, PubMed, Scopus, and Web of Science. We included both clinical trials and observational studies that described cutaneous toxicities presented by patients during treatment with immunological checkpoint inhibitors. The final sample consisted of 24 studies in which 9127 patients were evaluated. In included studies, the drug under consideration were ipilimumab, pembrolizumab nivolumab, and atezolizumab, at different dosages. The most prevalent dermatological toxicities were alopecia (27%), pruritus, and rash (10%). Remarkably, the prevalent severity was graded 1-2 for both alopecia, pruritus and rash.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.