会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

グジャラート州、インドの風土病地域内の口腔粘膜下線維症の患者におけるアレカのナットと関連製品の開始の理由 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Subst Use Misuse.2020;55(9):1413-1421. doi: 10.1080/10826084.2019.1660678.

グジャラート州、インドの風土病地域内の口腔粘膜下線維症の患者におけるアレカのナットと関連製品の開始の理由

Reasons for Initiation of Areca Nut and Related Products in Patients with Oral Submucous Fibrosis within an Endemic Area in Gujarat, India.

  • Chandramani B More
  • Naman Rajeshkumar Rao
  • Sucheta More
  • Newell W Johnson
PMID: 32569538 DOI: 10.1080/10826084.2019.1660678.

抄録

:アレカのナットとその副産物(ANBP)の消費のパターンは、南アジアと世界の残りの部分で異なりますが、すべてのユーザーは、口腔粘膜下線維症(OSMF)の確率的に重篤な結果を共有し、これはよく報告されています。習慣の開始と中毒の心理社会的ドライバーの役割はあまり報告されていない。 : ANBP乱用の負担を明らかにするために、性別、初曝露時年齢(AFE)、習慣の種類(TOH)と開始理由(RFI)との心理社会的関係を探った。口腔病変を有する患者は、人口統計学、TOH、AFE、RFI、習慣の期間、および任意の口腔および全身疾患の臨床診断を記録した完全な履歴で評価された。強皮症、顔面熱傷、口腔悪性腫瘍の既往歴のある患者は除外した。13,874人の患者のうち、9.89%がANBPを報告した。OSMF患者1000人を対象とした。研究対象者の平均年齢は38.97±14.29歳で、17-75歳の範囲であった。男性が大半を占めていた(80.1%)。最も一般的に報告されたTOHはグッタカの常用(60.1%)、次いでマワ(31.4%)であり、緊張とストレス(30.3%)が最も一般的なRFIであった。TOHはAFEとの関連で顕著に異なっていた。本研究は、ANBP乱用の重症度を明らかにするとともに、OSMF患者において、性、AFE、TOHとRFIの間に複雑な心理社会的関係があることを報告するものである。

: While the patterns of consumption of areca nut and its by-products (ANBP) vary across South Asia and the rest of the world, all users share the probable severe outcome of oral submucous fibrosis (OSMF), and this is well reported. The role of psychosocial drivers of habit initiation and addiction is reported less. : To reveal the burden of ANBP abuse, exploring the psychosocial relationship between sex, age at first exposure (AFE), the reason for initiation (RFI) with the type of habit (TOH). : Data came from the prospective hospital-based study conducted at K.M. Shah Dental College and Hospital covering years 2017 and 2018. Patients with oral lesions were assessed with complete history recording demographics, TOH, AFE, RFI, duration of habit, and clinical diagnosis of any oral and systemic diseases. Patients with a history of scleroderma, facial burns, and oral malignancy were excluded. : Of the 13,874 patients, 9.89% reported ANBP. We included 1000 OSMF patients. The mean age of the study cohort was 38.97 ± 14.29 years, with a range of 17-75 years. Males constituted the majority (80.1%). The most common TOH reported was regular use of gutkha (60.1%) followed by mawa (31.4%) with tension and stress (30.3%) being the most common RFI among the cohort. TOH was notably different in relation to AFE. Interestingly, mawa chewing (38.69%) was observed more in females. : This study reveals the burden of ANBP abuse and reports the complex psychosocial relationships between sex, AFE, and RFI with TOH in OSMF patients in this high incidence population.